青ポスの部屋

「旅」のブログ。毎週水曜日(バイク)金曜日(鉄道他)更新予定。

大型二輪免許(2) 第一段階

大型二輪免許(1) 入所まで - 青ポスの部屋目次 大自二実車(1,2,3,5時限) AT体験(4時限) みきわめ(5時限) 大自二実車(1,2,3,5時限) 四輪、普通二輪のときにもお世話になった教習所だったので、知ってる教官に「お、大型二輪取りに来たんか?」と声をかけられ…

道の駅0001.針テラス

目次 バイクがいっぱい並んでます レストランから銭湯まで、ばっちりの休憩スポット アクセス 針テラスといえば、関西のライダーの聖地のひとつです。道の駅記事の記念すべき一回目は、この針テラスについて書いてみたいと思います。 バイクがいっぱい並んで…

大型二輪免許(1) 入所まで

目次 背景 事前審査 背景 ここまで記事にしてきた通り、 普通免許の原付教習で二輪に目覚める とはいえ必要に迫られて125ccスクーターに乗るため普通二輪の教習に申し込む CB400スーフォアのでかさにびびりながらもMTバイクに目覚める 普通二輪で免許取った…

鈍行旅の日数

初めて鈍行旅をしようと思うと、どれくらいの期間でどれくらいの場所を回れるのかイメージがつかないと思う。今回はそんな人のために、個人的なイメージを書こうと思う。注:かなり主観的な話です。また所要時間なども地域によって違うので、参考までに。 日…

YBR125 納車、運転初日

無事二輪免許を取得したので、バイクを買った。 最初に書いた通り、教習所に入った当初は125ccのスクーター、特にホンダのPCXがいいなあと思っていた。 PCX | Honda 125ccではありながらビッグスクーターと違いないフォルムで人気のある車種だ。しかし価格が…

こだま☆楽旅IC早特

エクスプレス予約ではe特急券やEX-IC以外にも企画きっぷが発売されている。そのうちの一つが「こだま☆楽旅IC早特」だ。これは3日前より前に予約すれば、こだまに限るがグリーン車が格安で利用できるというきっぷで、EX予約でのみ購入できる。予約時にこだま…

普通二輪免許 (4)併記手続き

前:普通二輪免許 (3)第二段階、卒業検定 - 青ポスの部屋 僕は大阪府民なので、卒業証明書をもらって門真の試験場で免許を交付してもらった。 普通免許持ちの普通二輪取得など、すでに運転免許証を持っていて新たな車種を追加する場合は「併記」と呼ばれる手…

e特急券 のぞみ 「EX予約」

JRのネット予約サービスはこれまで西日本・九州・四国のe5489、東日本のえきねっとを紹介してきた。日本の大動脈である東海道新幹線を抱えるJR東海も独自の新幹線予約システムであるEX予約を提供している。ただこのEX予約、少々敷居が高い。利用にはJR東海の…

2017年鉄道の日によせて

bluepost69.hatenablog.com 今年も鉄道の日がやってきたので、少し思っていることを書こうと思う。 バイクに乗るようになって 旅の手段としての鉄道 日常の足としての列車 その他の僕の中での転換点 バイクに乗るようになって 今年は鉄道全体としては新線の…

普通二輪免許 (3)第二段階、卒業検定

前:普通二輪免許 (2)第一段階 - 青ポスの部屋 第二段階では法規走行を交えながら習ったことを固めていくということが続いた。また第二段階ではシミュレータ教習が3回あり、個人的な都合もあって実車教習の間を空けないようにするのが大変だった。 シミュレ…

125ccはバイパスを通れるのか

目次 1.自動車専用道路の場合は走行できない 2.二輪通行止めの場合も通行できない 3.バイパスだからといって無条件に通行できないわけではない 最近、扱いやすさや保険料と税金の安さ、燃費の良さから、原付二種と呼ばれる125ccのバイクが注目を集めています…

普通二輪免許 (2)第一段階

前:普通二輪免許 (1)入所まで - 青ポスの部屋 二輪は入所に事前審査というものがある。とはいえいきなりバイクに乗らされるとかそういうことではなく、教習で使う400ccのバイクである程度の角度まで傾いても支えられるかと、倒れた状態から引き起こすことが…

18きっぷ旅でうまく特急を使う方法

昔の記事を見返していて、書き足したいことが多いので新たに記事にすることにした。 bluepost69.hatenablog.com 大原則:特急の車内で青春18きっぷは紙切れと同じ 特急列車で逃した列車に追いつく 「使わざるを得ない」場合もある 「楽しい旅にする」ために…

琵琶湖の西側を125cc小型二輪で抜けるには

通行可否一覧 1.西大津バイパス→可能 2.湖西道路→不可能 3.志賀バイパス→不可能 4.高島バイパス、湖北バイパス→可能 迂回路と注意点 北行き(敦賀方面) 南行き(京都方面) 琵琶湖の西側には高速道路がない代わりに「琵琶湖西縦貫道路」と呼ばれる、一連の…

普通二輪免許 (1)入所まで

前記事:普通免許 - 青ポスの部屋 普通免許教習の半ばくらいから、四輪の免許を取ったら普通二輪の免許もとりたいなあと思った。 四輪の免許があれば原付にも乗れるので、四輪の教習にも原付教習がある。所内をトコトコ走っただけだったが、そこで二輪車で風…

【報告】今後の方針について

こんにちは、青ポスです。前回から不定期更新ということで、少しお休みをいただきました。というのも、いろいろあってブログを整理しようと思っていろいろ考えていたからです。今回は今までのことを整理して、今後の方針とか考えたことについて、自分の中で…

201403 北斗星旅行 その4 「日本海」

青森からは奥羽本線、羽越本線、信越本線とたどった。ほぼ1日移動に費やし、荒れたり収まったりする日本海を眺めながら移動した。 羽越本線の途中で、ボックスの向かいにおじいさんが座り、話しかけてきた。病院に行く途中らしく、東北訛りのしゃべり方でよ…

201403 北斗星旅行 その3 「札幌とはまなす」

札幌に来るのは初めてだった。北海道は修学旅行で来ていて小樽には行ったものの札幌は旅程になかった。 正直あまり札幌で何をするかも決めていなかったので、北海道大学の博物館にでも行くことにした。正直あまり覚えていないのだが、組合せ爆発のビデオが流…

201403 北斗星旅行 その2 「北斗星の思い出」

2日目は北斗星の発車時刻まで東京観光した。知り合いに案内してもらって、上野公園などをぶらぶらした。 夕方になって、上野駅に戻り北斗星の到着を待った。そしてカメラを構える撮り鉄たちでごった返す上野駅に、北斗星が入線した。僕はカメラで外装を撮れ…

201403 北斗星旅行 その1 「始まり」

このブログに旅行のことを書き出したのは、3回目の鉄道旅行からだった。 最初の旅行は北斗星に乗りに行ったのだった。思えばあれが僕の旅行趣味の原点だった。学生生活も終わりに近づいたほか、ブログの方向性も少し変えていこうと思っているので、区切りと…

入場券 京都鉄道博物館

この間津山まなびの鉄道館の話をしたので、少し前に行った京都鉄道博物館の話をしようと思う。 京都鉄道博物館は、大阪の弁天町にあった交通科学博物館を京都の梅小路蒸気機関庫に併合する形でできた、鉄道の博物館だ。交通科学博物館はもともとJR弁天町駅近…

乗車券 馬喰町→東京 「磁気無効化された乗車券」

きっぷの持ち帰りをお願いすると、基本的に磁気情報を破壊するために穴をあけられる。サービスなので仕方ないが、二穴パンチで大きい穴をあけられたり、それが券面記載事項と被ってしまったりするとがっかりする。 それを受けてか、JR東日本の一部の駅では磁…

乗車券 布施→鶴橋→160円 「近鉄の連絡券」

連絡乗車券を社線側から使う場合、私鉄で購入することになる。私鉄の連絡乗車券は会社によって様式が異なっており、おもしろい。 近鉄はさまざまな駅でJRと連絡運輸を取っているが、鶴橋は乗り換え客が非常に多く、近鉄とJRの2枚の乗車券をさばける乗り換え…

特急券 オホーツク 「えきねっとで予約した特急券」

JR東日本にはえきねっとというネット予約サービスがある。エクスプレスカードなどがなければ使えないエクスプレス予約やJ-WESTカード会員でなければ割引きっぷの大半が使えないe5489とは異なり、えきねっとはほとんどのクレジットカードが使え、予約も全国の…

eきっぷ はくたか 「東管内でのe5489受け取り」

JR西日本の予約サービスであるe5489で予約したきっぷは、JR西日本以外でも受け取れる場合がある。以前JR九州で受け取ったものを紹介したが、JR東日本の駅でも23区内と北陸新幹線の駅では受け取ることができる。 西日本の駅以外で受け取った場合、地紋は受け…

京阪電車 回数券

JRの回数券はこれまで紹介してきたが、私鉄にも回数券はある。京阪電車にも普通回数券のほか2種類の時差回数券が設定されている。 発着駅が指定されているJRと異なり、京阪では回数券も額面式となっている。また発駅も指定されておらず、任意の駅から利用を…

乗車券 (日) TiS大阪発行

TiS大阪は日本旅行の店舗で、大阪駅構内にある。大阪駅は京都駅以上に都会であり、出札窓口や旅行代理店も無数にある。 今回はクレジットカードで購入したのだが、C制のハンコで対応された。JTBは端末に再度差し込むとC制を印字できるが、ACMS共通の機能では…

201705 高山大回り その2 「ひだ」

北斗星の寝台で、朝4時半に目を覚ました。3年前北斗星に乗った時も早朝に起きて函館での機関車付替を見たことを思い出した。しかし当然ではあるがここは東京、走る北斗星はもういない。 この日は丸一日かけて帰った。朝一番の北陸新幹線はくたかで富山へ向か…

201705 高山大回り その1 「初めて東京へ行ったとき」

野暮用で東京へ行く機会があった。その翌日がちょうど土日だったので、だいぶ昔に記事にもした一筆書き長距離乗車券と特急券を組み合わせて、遠回りしてみた。 朝の新幹線のぞみで東京まで出た。東京へ行くだけなら何度もしているが、東海道新幹線を使うのは…

入場券 新夕張駅 「総販の入場券」

JR北海道はMARSとは別にPOSに相当するシステムとして「総販」というPOSのようなシステムを持っている。MARSに接続する必要のない自社完結の乗車券や入場券は総販で発売することができる。 画像は夕張へ行ったときに新夕張駅で買った入場券だ。窓口で「入場券…