青ポスの部屋

主に旅行記、切符収集を書くブログ。毎週金曜日夜に更新する予定。

01_旅行記

201705 高山大回り その2 「ひだ」

北斗星の寝台で、朝4時半に目を覚ました。3年前北斗星に乗った時も早朝に起きて函館での機関車付替を見たことを思い出した。しかし当然ではあるがここは東京、走る北斗星はもういない。 この日は丸一日かけて帰った。朝一番の北陸新幹線はくたかで富山へ向か…

201705 高山大回り その1 「初めて東京へ行ったとき」

野暮用で東京へ行く機会があった。その翌日がちょうど土日だったので、だいぶ昔に記事にもした一筆書き長距離乗車券と特急券を組み合わせて、遠回りしてみた。 朝の新幹線のぞみで東京まで出た。東京へ行くだけなら何度もしているが、東海道新幹線を使うのは…

20170302 北海道旅行 その5 「空から見る北海道」

最終日は稚内空港から飛行機で神戸空港まで飛んで帰るだけだったので、18きっぷを温存することにした。 お土産を買っていなかったのでキタカラのお土産屋さんに開店直後に突撃したが、定番の白い恋人がなくてびっくりした。しかたがないので買えなかった場合…

20170302 北海道旅行 その4 「最北への道」

今日は半日で宗谷本線を普通列車で乗りとおした。 宗谷本線は2年前、スーパー宗谷で走破した。しかし「乗り鉄たるもの、最果てへ続く線路は普通列車で走破したい」と思っていた。また稚内空港発で安い飛行機があったので稚内まで行ってみることにした。 とは…

20170302 北海道旅行 その3 「行き止まり」

この日は本当に乗りつぶしのために1日使って、室蘭本線の苫小牧~岩見沢、富良野線に乗った。 おりしも、この日からダイヤが変わった。北海道では特急列車の運行体系が大きく変わり、一部の列車が旭川乗換となった。またスーパーカムイが系統分割され、青函…

20170302 北海道旅行 その2 「夕張支線、札沼線」

2日目は、初日に行くつもりだった夕張と月形温泉に行くことにした。 夕張へ向かう列車は千歳を起点にしている。夕張へ向かう鉄道はかつては国鉄夕張線と呼ばれていたが、石勝線の開業と同時に編入され、新夕張駅から夕張へは夕張支線となっている。しかしJR…

20170302 北海道旅行 その1 「6度目の北海道」

3月は僕が一人旅を始めた季節で、決めたわけではないが毎年北海道に行っている。青春18きっぷの春シーズンでありながら、まだ雪に閉ざされた冬の北海道を楽しむことができる。冬シーズンは冬休みが短いので北海道にたどりつくのは難しい。 今年はもう行かな…

20170115 鞍馬

1/15、大寒波が日本を襲い、京都でも積雪を観測した。平地でも雪が積もったが、鞍馬や比叡山のような観光地も雪化粧になった。それで先日「鞍馬・貴船1dayチケット」という京阪(京阪線)と叡電が乗り放題のきっぷがあることを知り、この機会に交野線の未乗…

20161217 東北旅行 その3

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年は旅行記の続きから始まります。 --- 3日目はまるまる帰路に費やした。ひたすら東北本線、東海道本線をたどったのだが、今回は黒磯~熱海というグリーン車が運行されている区間を長距離含…

20161217 東北旅行 その2

2日目は新潟からきらきらうえつに乗車した。 きらきらうえつは羽越本線で運行されている観光列車で、快速なので指定席券を買えば18きっぷで乗ることができる。羽越本線は晴れている日は日の光が日本海に反射してきらきらするきれいな風景を見ることができ、…

20161217 東北旅行 その1

冬期の青春18きっぷシーズンがはじまったが、最近忙しいので、今回が最後となる常備券が買えたら行こうと思っていた。ところが買えなかったので、今期はいいかあとも思っていた。 しかし免許も思ったより早く取れて、ふとやっぱり旅行に行きたいなあと思った…

20161120 南海電車

何気に今年の秋は関西のきっぷ界隈で大きな動きが2つあった。ひとつは青春18きっぷの常備券の発行が冬季で正式に終了されることが発表された。今後もみどりの窓口などでは発売されるので普通の客にはあまり関係のない話だが、きっぷ鉄には残念な話だ。 もう…

20160910 因美線

今年の夏は夏旅行で18きっぷを5回分使い切るつもりだったが、以前上げたようにその旅は4日間で終えざるを得なかった。その結果18きっぷが1回分あまってしまった。僕は18きっぷに下車印を押すので売ることもできないし、かといっていろいろ用事が入ってなかな…

201608 本州半周旅行 その4 「撤退」

この日はきらきらうえつに乗る...予定だった。 というのも、この日、台風9号が関東の南から接近していた。本当は酒田から陸羽線で小牛田へ出て郡山まで行く予定だったが、台風が思いっきり東北を直撃する予報が出ており、陸羽線、東北本線が不通になりそうだ…

201608 本州半周旅行 その3 「北陸新幹線」

鳥取を始発で出て、山陰本線で福知山まで出た。福知山からは舞鶴線、小浜線で敦賀に渡り、北陸線で金沢まで行った。小浜線については北陸新幹線延伸で第三セクターになるとも言われているが、ルートも決まっていないのでどうなるかさっぱり見通しがつかない…

201608 本州半周旅行 その2 「蒸気機関車」

2日目は小倉から新山口まで戻った。そして新山口からSLやまぐちに乗車した。 SLは子供の頃に北びわこ号に乗車したっきりだった。あの時はまだ小さかったので米原までの快速列車でもとても長く感じたが、今では京都から下関でも近く感じるので感性も年齢とと…

201608 本州半周旅行 その1 「長距離普通列車」

今年の18きっぷ夏シーズンが始まった。とりあえず乗りにいきたい列車はないかなあと考えたら、時刻表に「SL特集」が載っていたので、なんとなくSLやまぐちに乗りに行くことにした。それと、新潟地区で走っている「きらきらうえつ」という列車があり、これに…

201606 城崎温泉 その2

2日目は城崎マリンワールドへ行った。 城崎マリンワールドは城崎温泉駅からバスで10分ほどの距離にある。このバスが1時間に1本程度で少し不便だった。 天気はあいにくの雨だったが、前半は水族館部分で室内だったので気にならなかった。中は海遊館や須磨海浜…

201606 城崎温泉 その1

家族で1泊2日の旅行に城崎温泉に行った。 普通僕1人で行くときは城崎くらいなら鈍行で行くのだが、家族は乗り鉄ではないので、大阪駅からこうのとりを使った。近畿日本ツーリストの宿泊と往復JRがセットの安いフリープランがあったので、それを使うことにし…

201603東海旅行 その3 「名松線、新垂井」

亀山から始発で松阪へ向かい、名松線の始発に乗り継いだ。 初日とちがって、立ち客が出ない程度に車内は空いていた。乗客はほとんどが同業者のようだった。朝イチの伊勢奥津行きなので仕方ないといえばそれまでだが、おそらく松阪行は通学需要があるだろう。…

201603東海旅行 その2 「飯田線」

八王子に宿を打った後、気が変わって結局東海道線に戻り、ジグザグに御殿場線、身延線、飯田線と乗ることにした。 相模線で茅ヶ崎に出て国府津へ向かった。東神奈川が始点の横浜線もそうだが、この周辺は八王子や横浜などの大きな駅まで数駅というところで運…

201603東海旅行 その1 「一番列車」

この間の北海道旅行で18きっぷを4回分も余らせてしまった。適当に消化しようくらいに思っていた。どうしようかなあと思っていたら、JR東海の未乗区間があと少しになっていることに気付いた。さらに今回のダイヤ改正で、JR東海管内でただ一つ運行休止となって…

201603北海道旅行 その7 「新幹線以後の線路」

最終日は、有効期間が残っている北東パスでほくほく線を走破した後、初日に米原で受け取った北陸おでかけパスで1年ぶりに北陸を通って帰った。 ほくほく線は北陸新幹線開通以前は越後湯沢で上越新幹線に接続する特急はくたかが経由し、にぎわった路線である…

201603北海道旅行 その6 「長距離普通列車」

はまなすを降りると体中が痛かった。眠くて頭もまわらなかったし、何も考えないで奥羽本線に乗って大館、秋田へ、羽越本線で酒田まで出た。どういうわけか東北線→北海道→奥羽、羽越線という流れは定着している。 酒田からは新潟の新津まで1本でいける普通列…

201603北海道旅行 その5 「はまなすの3号車」

北海道で1日予定を決めずにいたのだが、疲れがたたってネットカフェで時間ギリギリまで寝てしまった。もともとは夕張へ行こうとちょっと考えていたのだが、夕張は1日で回れそうになかったので改めてくることにして、この日は小樽や余市方面へ行くことにした…

201603北海道旅行 その4 「最果ての地」

4日目、釧路から始発で根室に向かった。 去年も根室へ向かおうとしていたのだが、途中の茶内駅で列車が止まってしまい行くことができなかった。なので根室は今回の旅の最も重要な目的だった。 今回は天気もよく、なんとか茶内駅を越え、一安心した。根室本線…

201603北海道旅行 その3 「オホーツク海」

札幌からは、日中にオホーツク海を通るために思い切って特急オホーツクを利用した。 オホーツクは旭川から網走まで石北本線を通るのだが、この地域は道内でも人口がきわめて希薄な場所になる。先日記念購入した乗車券を見せた下白滝、旧白滝、上白滝もこの地…

201603北海道旅行 その2.3 「はまなすカーペット」

青森からは目当てのはまなす号に乗車した。 今回乗車したのはカーペットカー、しかも上段だ。 カーペットカーはご覧の通り、カーペットに横になれる席だ。しかも上段はこのとおりB寝台並みのプライベートスペースが指定席料金で利用できる。 はまなすは今回…

201603北海道旅行 その2.2 「本州の玄関口」

一ノ関からは東北本線、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道で青森へ向かった。青春18きっぷではIGRと青い森鉄道は使えない(ただし一部通過特例がある)が、北海道東日本パスでは利用できる。 途中、青い森鉄道の浅虫温泉駅で降りた。名前のとおりこの駅は浅虫温…

201603北海道旅行 その2.1 「東北新幹線」

2日目早朝、水戸から常磐線でいわきまで向かい、磐越東線で郡山へ入り、そこから東北本線ルートで青森へ向かった。 ここからの6日間は青春18きっぷではなく、北海道&東日本パスを使った。これは「18きっぷの兄弟分」といわれるきっぷで、18きっぷと同時期に…

201603北海道旅行 その1 「途中下車」

一昨年の北斗星に始まり、気がつけば毎年3月に北海道に行っている。昨年はLCCで上陸し北の宗谷岬、東の納沙布岬を目指したが、天候不良であえなく納沙布岬へ行くことはできなかった。 今年はとうとう学部最後の春休みになってしまったので、できるだけ学部の…

201601四国旅行その3「橋と港」

松山から予讃線で一路東へ向かった。もちろんこの列車もシートはクロスだったもののトイレはなく長時間乗車には非常にきついものだったが、なんと松山駅では「多度津で高松行きと連絡」と書いてあり、少し混乱した。ここまで長距離乗車を冷遇しておきながら…

201601四国旅行その2.3「道後温泉」

予讃線はマリンライナーが走る坂出以東以外は基本単線なので、ところどころすれ違いのために5分以上停車しながら進んでいった。トイレがついていないのもそのせいで、「長時間停車の間に行ってください」とのことだった。 途中伊予大洲と向井原の間が、海沿…

201601四国旅行その2.2「宇和島の歴史」

予土線で宇和島についてから予讃線の次の列車まで2時間近くあった。予土線と予讃線は北宇和島で合流して宇和島へ向かうYの字のような経路になっており、北宇和島で乗り換えればそのまま松山方面へ向かうことができたが、宇和島まで行って散策することにした。…

201601四国旅行その2.1「予土線」

高知を始発の次で出て、予土線へ乗り継ぐため、土讃線の終点窪川へ向かった。高知県はアンパンマンの作者のやなせたかしが幼少期を過ごした場所で、四国では高知以外でもアンパンマンが推されており、土讃線では普通列車の側面にもアンパンマンの絵が書いて…

201601四国旅行その1「長距離列車とビール」

今まで、北は北海道、南は鹿児島まで日本中を鉄道でまわってきた。沖縄は中学校の修学旅行で行った(しかもゆいレールにも乗車できた)し、気づけば47都道府県すべてに足を踏み入れるまでに、あと四国の西側2県を残すのみとなっていた。(ただし通過でもカウ…

201512三江線旅行その2「山の陰と陽」

浜田を始発で出て江津から三江線の始発に乗って三次を目指した。江津を6:00に出て三次に9:21に着く、3時間21分の長旅だ。 初日は石見川本につく頃には真っ暗になったものの、今日は逆に石見川本につく頃に日が昇ってあたりが見えるようになったのでちょうど…

201512三江線旅行その1「公共交通の支え方」

12月10日から2015年冬季の青春18きっぷが通用開始した。今季は、秋に廃止報道が出た三江線に乗ってくることにした。 三江線は国鉄末期に建設されたローカル線で、広島県の三次駅から島根県の江津駅を結ぶ路線だ。しかし大正5年の着工から昭和50年の全通まで…

20151011大阪近郊

先週、急に神戸に行きたくなった。神戸は中学生のときに遠足で行って以来好きになった街で度々行っていたのだが、大学に入ってからは18きっぷ旅行で通過するだけで、降りていなかった。 最初は神戸と京都を往復するだけでもいいかと思った。しかし、ちょうど…

201509山陽旅行「土砂降り」

北海道からの帰り、京都駅近くのチケットショップで18きっぷを2回分衝動買いしてしまった。そこで西日本を旅行することにした。夏らしい、晴れた日の海が見たかった。 1日目。山陽本線を西へ進み順調に岡姫を越えた。余裕を見て30分前に相生に着くようにした…

201508北海道旅行その6「北陸新幹線」

この日は飯山線を乗りつぶすことにした。長岡を出て十日町、戸狩野沢温泉、長野とたどった。 飯山といえば、個人的には液晶ディスプレイメーカーのiiyamaを思い出すが、そのiiyamaは飯山にある。飯山市にふるさと納税すると、ディスプレイなどiiyama製品がも…

201508北海道旅行その5「日本海」

この日は秋田へ出て秋田から羽越本線で新潟へ行った。羽越本線は東北地方の日本海沿岸を南北に貫く路線で、東北本線より海がよく見える。 北斗星で北海道に行ったときも、羽越本線など日本海縦貫線を貫くルートで帰ってきた。当時は北陸本線も18きっぷで乗る…

201508北海道旅行その4「青函連絡」

結局1日たってもなくした切符出てこなかったので、別で使おうと思ってあおば通で買った18きっぷで帰ることにした。 函館本線で小樽に出て、山線で長万部まで出た。札幌から長万部までは、余市やニセコを通る函館本線の山線ルートと、千歳や東室蘭を通る千歳…

201508北海道旅行その3「災難」

はまなすを降りて改札を出ようとすると、とんでもないことに気づいた。 きっぷがない。どこにもない。 かばんをひっくり返して探したものの、ズボンのポケットにも、貴重品を持ち歩く用の手提げにも、書類を持ち歩くクリアファイルにも入っていなかった。パ…

201508北海道旅行その2「八甲田丸」

早朝に仙台を出発した。北東パスは自動改札も使えるが、有人改札で改札印を入れてもらった。 始発が石越止まりだったので石越駅で降りてみた。しかし本当に何もない。前に坂町で下りたときも駅前には何もなかったが、それと同じ感じだった。 駅にもどると、…

201508北海道旅行その1「修行」

院試のせいで夏休みのほとんど、勉強ということで部屋に閉じ込められていた。なので院試が終わったらすぐどこかに行こうと思っていた。その矢先留萌本線の部分廃止が決定され、その前に乗りに行かなければと思った。 しかし鈍行で北海道へ1日で渡ることはま…

20150815近鉄大回り

大回り乗車といえば、「JR各社の大都市近郊区間内で運賃計算に用いた最短経路とは異なる経路を乗車すること」を指すことが多い。しかし環状経路を持つほど広い路線網を持つ一部の私鉄では、大都市近郊区間と同様に大回り乗車が認められていることがある。 た…

201507ながら房総旅行その3「大垣」

ながらで大垣に着いた。大垣というと「大垣ダッシュ」と呼ばれる、名物というか恒例行事がある。これは到着したながらから次の普通網干行きで京阪神やより西へ向かう人が座るために駅構内を大群でダッシュすることである。だが、今回はあまり人がいなかった…

201507ながら房総旅行その2「千葉のイメージ」

時刻どおりながらで東京へ到着した。道中、空調の調子が悪くなったらしく、冷房が効きすぎて寒かった。車掌いわく「古い車両なので寒い車両と暑い車両ができてしまっている」とのことで、手動でスイッチを入れたり切ったりしていた。車掌さんも大変だなあと…

201507ながら房総旅行その1「思い出」

「夜行列車でビールを飲む」ということがしたいがために、ながらの往復の指定券を取った。両方転写券で取りたかったのだが、帰りは間違えて感熱MVで出してしまった。 大垣までは近鉄と養老鉄道を使って大垣→豊橋のきっぷを買うことも考えたが、週末フリーパ…