青ポスの部屋

「旅」のブログ。毎週金曜日更新予定。

乗車券 宇治→東福寺

f:id:bluepost69:20150531214824j:plain

あなたはこんな経験をしたことはなかろうか。急いでいるときに限って、SuicaICOCAを忘れてしまい、切符を買わなければならなくなった。そんな日に限って駅の券売機には列ができている。

しかしよく見ると1つだけ空いている券売機がある。それで切符を買おうとすると、なにやら操作がちがってよくわからない。そこで隣の人に言われる。「それは特急券を買うやつですよ。」そこで赤面して列に並びなおす。

この指摘は確かにまちがってはいない。みどりの券売機の主目的は、近距離券売機で買えない特急列車の切符や長距離切符を購入することである。ただし、発駅で購入するのであれば、みどりの券売機で数駅程度の切符も購入できる。(さらに他駅発の切符を買う裏技もある。)

方法もさほど難しいわけではなく、「乗車券のみ」と書かれているボタンを押して、日付(当然当日からで問題ない)と区間を指定すれば購入できる。

もちろん様式は異なっている。通常の近距離券では発駅からxx円区間となっているものが着駅が指定されており、経由も明記されている。しかし、前にちらっと話した「大都市近郊区間」においては、「券面の表示と異なる線区を経由してもよい」ということになっているため、みどりの券売機で購入した切符でも大回りすることはできる。

最後に、少し専門的なポイントにも言及しておくと、窓口と異なり、関西地区ではみどりの券売機のMV端末には多くの熱転写機が残っている。