読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青ポスの部屋

主に旅行記、切符収集を書くブログ。毎週金曜日夜に更新する予定。

北斗星

f:id:bluepost69:20150610224102j:plain

僕が今のように鉄道旅行をするようになったのは、昨年からだ。アルバイトを始めて気兼ねなく使えるお金ができて、とりあえず絶滅する前にブルートレインに乗っておこうということで北斗星のB寝台で北海道へ行ったのが最初である。

ブルートレインは実は幼少期に長崎まで何度か乗ったことがあるらしい。だが物心つく前だったのでぼんやりとしか覚えていない。なので実質初めてといえる。

上野まで1日かけて寄り道しながら18きっぷで行き、上野から札幌まで乗車した。そもそも米原より東に鈍行で行ったことはなかったので、今思えば当たり前のことだが、「本当に線路は東京までつながっているんだなあ」と感動したものだ。新幹線や飛行機だとどうしてもワープしてまった感覚がして、距離感がつかめない。

f:id:bluepost69:20150610225518j:plain

B寝台の向かいには高校生くらいの息子と中年の親子がいた。なんでも首都圏から函館までいってそこから鈍行で戻るという鉄道旅をしてるらしかった。こういう出会いがあるのも長距離列車の醍醐味でもある。(しかし一人旅で物思いにふけるのがが好きな僕はしばしばそれがうっとおしく感じたりすることもあるのだが。)

札幌についたのは翌日昼の11時ごろ。車内放送で「またのご利用をお待ちしています」と言われたのがとても切なかった。実際に再び利用することはないまま終わってしまいそうである。

当時は切符を手元に残したり持ち帰る習慣がなかったので、切符は札幌駅の自動改札で回収されてしまった。今思えばとてももったいないことをしてしまった。

そして、日本最後の定期寝台特急であった北斗星も臨時列車に格下げされ、この夏でその臨時運行も終了する予定である。日本の鉄道交通を長らく支えてきたブルートレインの歴史も幕を下ろすことになる。