青ポスの部屋

「旅」のブログ。毎週金曜日更新予定。

201603東海旅行 その1 「一番列車」

この間の北海道旅行で18きっぷを4回分も余らせてしまった。適当に消化しようくらいに思っていた。どうしようかなあと思っていたら、JR東海の未乗区間があと少しになっていることに気付いた。さらに今回のダイヤ改正で、JR東海管内でただ一つ運行休止となっていた名松線が全線復旧する。残りの18きっぷJR東海を完乗することを目指しつつ、前述のとおり適当に、予定を100%は決めず気軽に旅をすることにした。

というわけで、ダイヤ改正当日に奈良線関西本線紀勢本線で松阪へ出て、名松線の1番列車に乗ろうと思った。

f:id:bluepost69:20160329201917j:plain

ところが、1番列車というだけあってラッシュ時の京浜東北線のような混みようだった。みくびっていたのだが、この日は腹の調子もよくなかったので、箱詰めの列車で片道1時間半も揺られるより、また今度ゆっくり旅情を楽しめるときに来ることにした。

というわけで、3時間以上早いが、予定していた武豊線に乗りに行くことにした。関西線で名古屋に出て東海道線で大府へ出た。武豊線といえば、去年のダイヤ改正で電化され、それから1年になる。

f:id:bluepost69:20160329203753j:plain

武豊駅で降りて折り返してから、半田駅でもおりてみた。駅前には鉄道資料館と蒸気機関車が静置されていた。鉄道資料館といってもプレハブに資料をつっこんだだけみたいな扱いで、開館時間も隔週日曜日に数時間という感じだった。

f:id:bluepost69:20160329210431j:plain

その後のんびり途中下車を繰り返しながら東海道線を東進した。夜の熱海からの人気のない東海道線に乗りたいというのが今回の目的でもあった。その日は翌日中央本線を使いたいということで八王子に止まった。