青ポスの部屋

主に旅行記、切符収集を書くブログ。毎週金曜日夜に更新する予定。

20161217 東北旅行 その2

2日目は新潟からきらきらうえつに乗車した。

f:id:bluepost69:20161221235031j:plain

きらきらうえつ羽越本線で運行されている観光列車で、快速なので指定席券を買えば18きっぷで乗ることができる。羽越本線は晴れている日は日の光が日本海に反射してきらきらするきれいな風景を見ることができ、列車名の由来のひとつとなっている。

これを期待して日本海側のA席を指定して準備万端で乗り込んだのだが、この日はあいにくの曇り模様であまり海もきれいでなかった。よくよく考えてみれば冬の日本海は晴れているほうがレアなので、見れるはずもなかった。しかも午前中の体調では、車内販売の地酒も飲んだら後に差し支えそうなので、結局地ビールを買ったものの持ち帰ることになった。夏に乗れず今回もこんな感じだったので、もう一度、今度は夕方の運行になる酒田から乗ろうと思った。

酒田駅は比較的大きな土産物屋が入居している。酒田を通るたびに気にはなるが素通りしてばかりで、車内で地ビールを買ったものの日本酒も飲みたかったので、「スタッフおすすめ」と書かれていた地酒を1本買った。

---

酒田からは陸羽西線で新庄に出て、陸羽東線で小牛田へ向かった。

新庄では、観光列車リゾートみのりに接続していた。今回は乗らなかったが、指定席券を取っていればきらきらうえつからのリゾートみのりという観光列車旅行ができただろう。今回は1時間待って普通列車に乗車した。

陸羽東線は途中鳴子温泉で下車して温泉につかることにしていた。

f:id:bluepost69:20161222000836j:plain

鳴子温泉駅を降りて駅を出ると、硫黄のにおいが立ち込めていた。温泉地はいくつか行ったことがあったが、ここまで硫黄臭がすごい場所は初めてだった。

早稲田桟敷湯という浴場に入った。すると「シャワーが壊れていて水しか出ない」と言われた。温泉は最後真水で体を流すものだと思っていたが、受付のおじさんは「本来は最後はタオルでふき取るのがいい」と言っていたので、浸かって頭だけ水で流すことにした。頭だけとはいえ冬の東北の水道水なので修行のようだった。また次の列車まで時間がなかったので、結構急いであがることになった。

その後は陸羽東線で小牛田へ出て、東北本線で郡山まで南下した。