青ポスの部屋

「旅」のブログ。毎週水曜日(バイク)金曜日(鉄道他)更新予定。

YBR125 納車、運転初日

無事二輪免許を取得したので、バイクを買った。

最初に書いた通り、教習所に入った当初は125ccのスクーター、特にホンダのPCXがいいなあと思っていた。

PCX | Honda

125ccではありながらビッグスクーターと違いないフォルムで人気のある車種だ。しかし価格が高いのと、実車が思ったより大きいのがネックになった。スクーターは腰を当てることができず、大きくなると支えにくいのだ。

スクーターはPCX以外ビビッと来るものがなく、ギアチェンジも楽しいのでMTにすることにした。ここで小型AT限定ではなく限定のない普通二輪で取っていたことが役に立った。*1

ところがMTの125ccは車種が少ない。最初に見たのがホンダのグロムだった。モダンなフォルムでかっこよかったが、また価格がネックになった。国内向けモデルはホンダのグロムとカワサキのZ125があるが、どれも高くて手が出なかった。

国内4メーカーのうち残りのスズキとヤマハは125ccは並行輸入車を出している。並行輸入車は国内では部品が入りにくく買った店以外での修理が難しいことがあるなどの欠点はあるが、価格は安い。

探してみると、スズキのGN125とヤマハのYBR125で迷った。

バイク屋の人に聞くと「フォルムが違うのが一番の違いだ」と言われた。アメリカンにちかいGNではなくスポーツに近いYBRがかっこいいなあと思ったし*2、近所のYSPで新車が手ごろな値段であったので、YBRにすることにした。

---

納車当日。本当は日曜日の昼下がりくらいがよかったのだが、都合がつかないとのことで、早めて前日の夕方にしてもらった。最近は日が長いので、なんとか明るいうちに納車できた。

とはいえ説明やら確認をしていると暗くなってしまったので、その日は本当に近所をほんのちょっとだけ走って終わった。

---

f:id:bluepost69:20171028231253j:plain

翌日、さっそく「自転車で行くには遠いがバイクにとっては近場」くらいの場所を回った。初めて中央線のある道路に出るときは緊張したが、なんとか車の流れについて行くことができた。このとき四輪の路上教習でギアの使い方を学んでいたのがとても役に立ったので、四輪もMTで取っておいてよかったと思った。

まずは、ガソリンがリザーブくらいしか残っていなかったので近くのガソリンスタンドで給油した。初めての給油で、しかもバイクで給油するのは見るのも初めてだったので少し緊張したが、GSのおっちゃんが手早く作業してくれた。

その後、バイク用品店まで行った。プロテクタやジャケットを見て、グローブを買った。ジャケットやプロテクタは高かったので、少し考えてみることにした。

店を出てもまだ明るかったので、バイパス沿いに南下して、教習所の近くを通って帰った。四輪の路上教習で通った場所も多かったので、懐かしい気分になった。

 

*1:もちろん小型限定でもAT限定でなければMT車に乗れる。

*2:ちなみにスズキはEN125というスポーツネイキッドの125ccも出しているが、当時の僕は知らなかった。