青ポスの部屋

「旅」のブログ

風速10m/sでバイクに乗ったら吹っ飛ばされそうになった

タイトル通り。

いきさつ

舞洲で約束があったのでバイクで行くことにした。舞洲はレジャー施設が多いが鉄道が通っていないのでバスに乗らないといけないが、バスは本数を気にしないといけないし混むし乗りたくない。舞洲までは距離もいい感じだったのでYBRで行った。

しかし、当日は低気圧が近づいて天候が超悪い日だった。自分はアホなので雨が多少降っていてもバイクを出すが、この日は風もあった。特に舞洲は吹きっさらしの場所なので、予想風速が確か10m/sだった。

しかし、吹きっさらしの湖岸道路で強烈な横風の中を走ったり、離陸してしまいそうなくらいの向かい風を経験したこともあるので、いけるやろで突撃してしまった。というかその時の風速をいちいち調べていなかったので、10m/sと言う風がどんなもんか想像できなかった。

体験してみた

中央大通りからUSJの近くを通って、此花大橋から舞洲へ入った。

本町付近の高架へ出たとき、あまり風がなかったので「おっこれくらいなら余裕だな」と思った。だがR43を降りたあたりから風がだんだん強くなってきて、此花大橋の上ではえげつない暴風だった。

本当に今までに感じたことがない風だった。向かい風方向だったからか、車線をまたいでしまうというより車体から上半身が引き離されそうになるような暴風だった。かなり前かがみになってなんとか橋を渡り切った。

反省

10m/sとかでは、ツーリングは原則中止にしようと思った。今回はまあ橋を渡るときだけだったので耐えれたが、1日中となると体がもたない。