青ポスの部屋

旅と技術とポエムのブログ

「継続は力なり」

最近おじさんポエムみたいな記事ばかりなので、まずこの場を借りて謝りたい。許してほしい。

というのも、このブログが今297記事目、総PV159500まで来ていて、年内に300記事、あわよくば16万PVに到達できそうな状況にある。なので、クソポエムでもとにかく投稿頻度を上げようと思って、こうなっている。

まあ何度も中断したり、別ブログに分岐したりまた合流したりしながら、もう5年くらい続けていることになる。それも含めて、「継続って大事だなあ」と思ったことがいくつかあったので、書いておく。

アウトプットの継続

僕は文書では、このブログとQiitaに継続して投稿を続けている。

正直、最初はどちらも大して投稿数やいいね、スターもつかなかった。とはいえ文書を書くのは好きなので、あまりそういうのを狙うつもりでもなかった。記録として書くことがたまったら書いたり、たまに定期的に出そうという気持ちになって週一とかで出したりしていた。

時間が経つにつれ、定期的なアクセスがある記事がポツポツ出てきだした。バズるネタを狙い撃ちするのは難しいが、「流行り廃りなくいつも必要とされるネタ」は数を打っていれば1つや2つ当たるものなんだなあと思った。

今はブログは月1000PVくらい、Qiitaは1日1,2件いいねが来る、というアクセス状況である。

投資の継続

話は変わるが、投資の基本は「少額、分散、継続」らしい。銀行の人に教えてもらった。

今年でギターを初めて10年になった(多分)。ギターはスモールスタートもできるが、お金をかけ始めるとキリがない趣味でもある。ギタリストはギターの他にエフェクターボードという機材を組むのだが、おおよそ1万円くらいするエフェクターを何台かつないで使う。その何台かは自分で弾いてみて決める。まあ要するに「お金がかかる」のである。

バンド時代、他の人らはアホみたいにエフェクターを持ってる人もいた。しかし僕は万年金欠でお金を使うのがとにかく苦手なので、マルチエフェクターという1台にいろいろ入ったものを使っていた。

その学生の期間も含めて、まあ機材は数ヵ月~1年くらいに1個何か買うというレベルだった。しかしそれも10年続けたので、量が貯まってきた。

そして、気がつけば目の前に憧れていた「ギタリストのエフェクターボード」がそろっていた。腕前が伴っているかは別として、いろんな音が作れるようになったので、今は、ある意味学生バンドをやっていたときより楽しくギターを弾いている。

これも10年間、破れかぶれながら続けてきたからだと思う。

まとめ

ブログもギターも本当にマイペースでしかやってない。しかし、継続してきたことで、気がつけばいろいろ得ることができていた。よく「継続は力なり」とはよく言うが、すべてのことが、継続することで突然成果が出るとは限らない。しかしある時「あっ続けてきてよかったなあ」と気づくこともあるんだとわかった。