青ポスの部屋

「旅」のブログ。毎週水曜日(バイク)金曜日(鉄道他)更新予定。

大型二輪免許(3) 第二段階

波状路(1時限)

波状路大型二輪だけの教習項目で、はしご状に段差が設けられたコースを5秒以上かけて立ち姿勢で通過する項目だ。

第一段階では横を通過していたのだが、結構段差が高いなと思っていた。第二段階初回ではとりあえず1回やってみたのだが、ハンドルを取られ思うようにまっすぐ進むことができなかった。その上変な体勢になったのか背中が痛くなった。

そのとき、教官に「中腰になっている、もっとまっすぐ立って前傾気味に」と言われた。テキストには「足腰で衝撃を吸収する」といったことが書いてあったので無意識に少しかがみ気味になっていたのだろう。まっすぐ立つことを心がけると簡単に通過できた。またテキストにだまされるところだった。*1

急制動(1時限)

急制動は普通二輪のときからある項目だが、それ自体は初回から「よくできている」とのことだった。

体験項目として、目標位置ぴったりに止まる急制動と、久しぶりにCB400スーフォアを使っての急制動をした。物理的にはCB750のほうが重いので止まりにくいはずなのだが、大型ではさっさと40km/hに達して余裕をもって止まれたのに対し、中型では加速も思いっきりやらないといけないので、大型のほうが止まりやすいような感じがした。久しぶりに乗ったスーフォアは、YBR125よりはパワーがあるはずなのだが、CB750のあとだったので少し加速が鈍い気がした。とはいえやはり400ccは自分にとって十分乗りこなせるバイクだと感じて少し自信がついた。

回避(3時限)

これも普通二輪と同様のもので、教官が上げた旗の「色」に従った方向に回避するものだ。従うのは旗の向きではなく「色」なので、逆の向きにあげられた場合はその旗の方向ではなく旗の逆の向きに回避しなければならない。

一回目はちゃんとした向きにあげられたのだが、少し迷ってしまった。二回目は逆向きにあげられたのだが、すぐに反応しなければと思いこんで間違えた方向に回避してしまった。教官には「気を付けてね」と言われた。とはいえこんな脳トレのような場面は実際にあるのだろうか。

シミュレータ(5時限)

第二段階には大型で唯一のシミュレータ教習がある。とはいえ普通二輪のセット教習の前半と一緒に行われるもので、新たな免許を取るにあたっての見直しというような意味合いのものだ。

普通二輪の人二人と一緒に教習を受けた。普通二輪の二人と違って乗車経験があるとはいえ、バンクもできずタイヤの感覚も伝わってこない、すべての情報が前の画面からしか伝わってこないシミュレータで運転するのは大変だった。

運転している途中、カーブで内側を攻めすぎてはみ出してくるトラックと接触しそうになったり、横断歩道で待っている歩行者に気づかなかったりで、慣れは怖いなあと思った。

高度なバランス走行(6時限)

教習項目としては「『高度な』バランス走行」となっているが、濡れたマンホールの上で後輪をロックさせるのと、変則スラローム、小旋回、波状路をゆっくり、という内容だった。

小旋回はなかなかうまくできなかったが、普段のYBRで旋回するときにも役に立ちそうではあった。総括として、教官は「要するに無理はダメということですね」と言っていた。

見きわめ(7時限)

最後のコマはおなじみ見きわめで、結論から言うと1回で良好だった。
ただし、最後に「右左折で確認と同時に寄せにいってしまうくせがある」と指摘された。法規上は「進路変更の合図は3秒前」ということになっているので、合図を出してから3秒置いてから寄せないといけない。気を付けなければと思った。

*1:四輪のときもテキストのハンドリングをマネしようとしてめちゃくちゃなことになっていた。

大型二輪免許(2) 第一段階

大型二輪免許(1) 入所まで - 青ポスの部屋

目次

大自二実車(1,2,3,5時限)

四輪、普通二輪のときにもお世話になった教習所だったので、知ってる教官に「お、大型二輪取りに来たんか?」と声をかけられた。僕も緊張しやすい性格だが、そういう会話もあって普通二輪と違ってガチガチに緊張することはなかった。

125cc超のバイクに乗るのは半年ぶりなので、ちゃんと乗りこなせるか少し心配ではあったが、教習はみんな普通二輪の時から知ってる先生だったので安心した。初回は中型の人と2対1だったのだが、開口一番言ったことにびっくりした。

教官「(青ポス)さんは免許取ってから長らく乗ってないとかないですね?運転できますね?」
僕「はい、ここまでバイクで通ってます」
教官「じゃあ検定コース走るのでついてきてください。

普通二輪持ちとはいえ大型は初めてなので、最初は外周を走ってたまに一本橋くらいだろうと思っていたら、いきなりフルコースをやらされることになった。

でかいバイクも久しぶりだったので操作は少しぎこちなかった。しかも教習車はギアも入りにくい、クラッチも固い、リアブレーキの利きもよくない車で、そのうえ教習用のプロテクターでニーグリップがやりにくいという運転しにくい状況だった。

それでも転倒することもなく普通にコースを一周できてしまい、二度びっくりした。125ccと750ccでは実に6倍もの差があるので、正直大型は大型でクランクやスラロームで手こずると思っていた。しかし125ccとはいえバイクに乗っていれば排気量が大きくなっても対応できるのだ。それにクランクは中型ではクラッチをつなぐかつながないかくらいの速度でないと通過できなかったのがローギアでつなぎっぱなしでも通過できるようになったし、スラロームもいきなり7秒を切るか切らないかまで行った。

CB750に乗った感想としては、古い車で運転しにくいところはさっき書いたとして、思った以上にセカンドの下限が低いと思った。エンストはしなかったが、YBRだったら大丈夫だろうなという速度でノッキングしたりしていたので、所内ではローギアのまま走ることが多かった*1

直線で前に車がいないときに少し張り切って加速してみた。すると一瞬で指示速度の35km/hまで出たので、さすがナナハンとは思った。

その後もブレーキの体験を挟んだが、いきなり急制動波状路以外の検定コースの反復練習をこなした。一本橋は多分10秒以上いけたし*2スラロームも7秒を切った。教習の終わりには教官にも「予定以上のことができています」と言われた。

気づけば、僕の「乗りこなせると思えるバイク」の上限は400cc以上に上がっていた。

AT体験(4時限)

4時限はMT免許ではおなじみのAT体験としてビッグスクーターで教習した。とはいえビッグスクーターでは小回りが利かないし微速が難しいので、検定コースから坂発進とS字以外の課題を省いたコースを走ったあと、全く課題のない簡単なコースを延々走っていた。

普通二輪でも思った通り、ビグスクは扱いにくかった。乗っていると「どうしてこんな扱いにくい乗り物に好き好んで乗る人がいるんだろう」とまで思った。もっとも所内では30km/hも出せないからビグスクの微速が扱いにくい特徴ばかり目立つのであって、それ以上の速度でツーリングしていると楽なのかもしれない。教官は125ccのスクーターで先導していたので、僕もそっちで教習したいと思った。

みきわめ(5時限)

ここまで読めば予想できる通り、みきわめも普通に良好だった。一応「今日はみきわめです」と最初に言われたが、検定コースを何周も練習しているうちに見きわめが終わって、練習するだけだった。

第一段階を終えて、一本橋はまた1回だけ落ちたもののほとんど安定して走行できるようになった。しかしスラロームが7秒にわずかに足りないくらいなので課題として残った。

*1:しかもクラッチが固くて半クラで走り続けるのはしんどかった

*2:タイマーが壊れていた。

道の駅0001.針テラス

目次

f:id:bluepost69:20171008210040j:plain

針テラスといえば、関西のライダーの聖地のひとつです。道の駅記事の記念すべき一回目は、この針テラスについて書いてみたいと思います。

バイクがいっぱい並んでます

針テラスは交通の便もよく近畿地方のさまざまな場所に行きやすい立地なので、関西のライダーでは有名な場所でいつ行っても二輪置場にはバイクが並んでいます。休日にはあふれたバイクが列をなして止まっている様子が見れます。その様子はさながらバイク展示場のようです。

レストランから銭湯まで、ばっちりの休憩スポット

針テラスは名阪国道のSA的な部分が大きいので、道の駅としては大きな規模になっています。コンビニ(ファミリーマート)もあり、ロッテリアなどのレストランもあります。

温泉もあります。車で来た場合は車中泊もできそうです。休憩スポットとしてはばっちりです。

さらにはクシタニのショップや、果てはいちご農園まであるそうです。道の駅というよりテーマパークみたいですね。

アクセス

道路:国道25号(名阪国道)、369号

名阪国道沿いにあり、非常に便利です。名阪国道を走れるバイクにとっては

名阪国道は自動車専用道路であり、125ccは通ることができません。そのため125cc、原付は旧道(非名阪)かR369からアクセスすることになります。

京都方面からだと一見京都府道・奈良県道4号線を使えば最短ルートに思えますが、この4号線がかなりの曲者で、実はめちゃくちゃ道が細いです。二輪と四輪の離合ですら難しいことがあります。さらにR369の柳生付近には狭隘箇所やガードレールのない箇所があり危険です。

おすすめは奈良市内から県道80号線を使うルートです。80号線は少しヘアピンが連続するところもありますが、少なくともR369に出るまでは片側一車線は確保されています。

東側からは、「これだ」ってルートは探してみましたが見つかりませんでした。片側1車線が確保されているルートは県道82号線・4号線で高山ダムの近くを経由するルートがありますが少し遠回りになりますしR369の隘路は避けられません。あとは笠置から府道4号を突っ切るか、非名阪を突っ切るかでしょう。