青ポスの部屋

「旅」のブログ。毎週水曜日(バイク)金曜日(鉄道他)更新予定。

2018年の抱負

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年は就職します

今まで学生だったんですが、今年の4月にIT系の会社に入社します。なので更新の頻度は落ちるかと思います。

目標:バイクを買う

今年から社会人なわけですが、たいてい「時間のある学生時代が終わって好きなことができなくなる」という話をよく聞きます。

ですが正直僕はそこまで悲観はしていません。学生のうちは「金はないけど時間はある」という状態だったのが、社会人は「金はあるけど時間はない」というのに変わるだけだと思っています。むしろ僕はお金がなくて諦めてきたことが多いので、その点では悪くないかなあと思ってます。

そのお金がかかることの筆頭が(僕の中では)バイクや楽器なわけですが、社会人になったら最初のボーナスでCBR400Rを買おうと決めていました。ボーナスを待っていたら季節が一周して冬になってしまうわけですが、それまでにお金をためられて早められたらいいなあと思っています。

新年早々遅れたうえに薄っぺらい内容になりましたが、本年もよろしくお願いします。

2017年を終えて乗りたいバイク

今年は僕にとって「バイク元年」でした。普通二輪免許を取得してYBRを買い、大型二輪免許取得まで一気に駆け上がりました。
なので、今年の振り返りもかねて(?)、今ほしいと思っているバイクについて書こうと思います。

CBR400R (HONDA)

www.honda.co.jp

今一番買いたいバイクです。といってもお金があるわけでもありませんが。

レーサーバイクはもともとバイクに乗り出した直後からの憧れでした。大型免許はあるので別にリッターでも乗ることはできるんですが、やっぱり125ccの次なのでそこそこの排気量のに乗って自信をつけたいなと思ってます。それに排気量がでかくなると燃費も悪くなったりハイオク指定だったりそもそも車体価格が高いので経済的、社会的にも今の自分ではまだ見合わないと思っています。

かといって250ccはしょぼすぎる、と思っていたところに飛び込んできたのが400ccクラスでした。一般には不人気で車種が減りつつあると言われていますがまだまだいいバイクは残っています。そこで目に留まったのがCBR400Rでした。

実は今年は厄年で、いろんな人間関係でもめたり、就活に苦労したり、心が折れそうになることが何度もあった年でした。その度に「自分はバイクに乗るためにやってるんだ」と思って、乗り切ることができました。それで何度も夢に出てきたりするくらいほしいバイクです。就職したら最初のボーナスでCBR400Rを買おうと思っています。

Bonneville T100 (Triumph)

www.triumphmotorcycles.jp

ボンネビルを知ったのは大型二輪を取った頃です。大型二輪となると外車も乗れるようになるので、いろんな海外メーカーのサイトを見ていました。

ボンネビルという名前は、相対性理論の「シンデレラ」という曲に出てくるので知っていました。2ストのボンネビル*1でシンデレラを後ろに乗せてハングオンするというなかなかスリリングな歌です。そこでサイトを見て、「ビッグネイキッドもいいなあ」と思いました。

それでビッグネイキッドを見て回ったのですが、どれもボンネビルにはかなわないなあと思いました。今年はXSRなどネオレトロと呼ばれるネイキッドモデルもたくさん出た年でしたが、どれを見比べてもボンネビルのほうがかっこいいと思いました。見比べて「何がちがうのか」と禅問答したりもしましたが、いいもしれない魅力を感じます。

外車で大型二輪とあって簡単に買える代物ではないのですが、就職したら手も届くものでもあります。とはいえ今の自分はまだこのバイクに似合うとは思えないので、十分大人になったときに乗りたいと思っています。

XTZ125 (YAMAHA)

www.goobike.com

これはなんというか、「オフロードに乗りたいなあ」ということです。

YBR125で細い山道にもたくさん行きましたし、猪ノ子峠みたいなダートを通ったりもしました。未舗装の砂利道を走って、「こういう道をオフ車で走ると楽しいんだろうなあ」と感じました。

オフ車で長距離巡航なんかとてもじゃないけどできないので、買うとしたら125ccだなあと思いました。なので今あるYBRに壊れるまで乗った後、2台目のサブバイクとして持ちたいなあと思いました。

*1:もちろん現行モデルは4ストです。

原付二種(MTバイク)にしないほうがいい人

何度となく言っていることですが、「原付二種」と呼ばれる125ccのバイクは維持費の安さや扱いやすさから人気です。先日スズキから国内向け新車種のGSX-125Sの発売が発表されるなど盛り上がっています。僕もそんな125ccの魅力に取りつかれた一人です。

ですがどんなものにもあるように、125ccバイクに向かない人もいます。あまり取り上げられることもないのですが、すこし考えてみたいと思います。

※この記事はMTオートバイがほしい人向けの記事です。

1.親の反対に譲歩して小型にしようと思っている人

自分の子供がバイクに乗ると言い出すと「危ないから」と反対する親御さんは多いです。その気持ちもとてもよくわかります。とはいえ「バイクに乗りたい」という気持ちは抑えられないものですから、しぶしぶOKをもらって買うとか、中には反対を押し切って買う人もいるでしょう。その場合に譲歩して小さい125ccにということもあると思います。

125ccのメリットのひとつに「任意保険が自動車保険のファミリーバイク特約で安く済ませられる」ということがあります。任意保険は単独で加入すると年数万かかるので、特にお金のない学生ならこれがあるので125ccだけみたいな人もいるでしょう。

ですが、学生さんの場合なら親の自動車保険につけることになるかと思いますが、つまりバイクをよく思っていない親御さんに、バイクに乗るための手続きをやってもらわないといけないということです。僕自身、免許は親にしぶしぶ了承を得ましたが、親が保険の手続きしてくれなかったので自分で単独で任意保険に入ることになりました。

つまり親御さんに協力してもらえなければ、保険料は結局250cc以上と大して変わらない額を支払うことになります。保険料だけで排気量を我慢するなら最初からほしいバイクを買うべきです。

2.振動が嫌な人

エンジンの振動はバイクの醍醐味でもありますが、あまりにひどいと乗り心地が悪いということにもなります。

僕がよく読んでいるブログに、このような記事があります。
tinspotter.net

僕の乗っているYBR125は、バランサーがついており125ccの中では振動の少ないバイクですが、それでも60km/hを超えると振動が出てきます。乗って間もないころはバイパスを長時間走ったあとは振動で手がしびれることが多々ありました。

125ccなら振動は覚悟しなければなりません。ちなみに、僕は今となってはバイパスを長距離走った後に街中に入るとむしろ振動がなさすぎて「あれ?物足りないなあ」と感じます。物は考えようですが、最初に手がしびれる段階で「もう乗りたくない!」と乗らなくなるようであればやめた方がいいです。

排気量を増やすとあまり回さなくても加速できるので多少は振動はマシになります。*1

3.よく使うルートに高速道路・自動車専用道路がある人

別記事にもしましたが、125ccは高速道路、自動車専用道路を通行できません。
bluepost69.hatenablog.com

「これまで自動車を使っていたけどバイクで通勤通学したい」という場合は特に気を付けなければなりません。高速道路はわかりやすいですが、一般道でも一部自動車専用道路で125ccが走れない場合があるので、よく使うルートがある場合は事前に調べておきましょう。

また、よく使うルートがないとしても、国道沿いを延々走っていたら突然自動車専用道路になって迂回を余儀なくされたというようなこともよくあるので、それが嫌な人はもっと大きいバイクにする必要があります。またツーリングで「疲れたから帰りだけ高速道路で帰ろう」といった手段が使えません。

ちなみに、逆に有料だけど125ccでも走れる道路もあります。たいてい原付二種は10円くらいで走れます。これも要調査です。

まとめ:125ccはよく調べて買いましょう

原付二種は上記のように制約も多いバイクですが、賢く使えばとてもリーズナブルでよいバイクとも言えます。リッター50km走れる乗り物なんてそうありませんし、保険に限らず税金や車体価格、自賠責保険料も安く、チェーンなどの消耗品も大排気量に比べると安いです。

無論、125ccでもほしいバイクがあるならそのバイクにすればいいと思います。ただ「安いから」「小さくて安心だから」という安直な理由で選ぶと後悔することもあるので、よく調べて買いましょう。

*1:とはいえ250ccで高速に乗るとかギリギリまで回すような乗り方をすると振動は仕方がありません。振動のないバイクを求めるなら400ccとか大型二輪ということになるかと思います。