青ポスの部屋

主に旅行記、切符収集を書くブログ。毎週金曜日夜に更新する予定。

201403 北斗星旅行 その1 「始まり」

このブログに旅行のことを書き出したのは、3回目の鉄道旅行からだった。

最初の旅行は北斗星に乗りに行ったのだった。思えばあれが僕の旅行趣味の原点だった。学生生活も終わりに近づいたほか、ブログの方向性も少し変えていこうと思っているので、区切りとしてここで振り返りながら書いておこうと思う。

---

僕が初めて、今のように自分で旅程を組む鉄道旅を始めたのは、学部2回生から3回生にかけての春だった。寝台列車ブルートレインに乗りたいと思い、はじめたてのアルバイトの給料で北斗星はまなすのきっぷを10時打ちで取り、18きっぷを買った。それが僕の鉄道旅の原点であり、すべての始まりだった。

当時は18きっぷの券面に「旅客鉄道会社(JR)全線」と書いてあるものの、ほとんどイメージがつかなかった。新幹線で東京に行ったり、鈍行では大回りで琵琶湖を一周したりはしたことがあったものの、関西線の柘植や北陸本線近江塩津山陽本線の神戸より先はどうなっているのか見当もついていなかった。

もちろん青春18きっぷの使い方もまったく不慣れで、調べ始めた最初のほうなんて「18きっぷに寝台券を足せば北斗星に乗れる」なんてよくある勘違いをしたものだった。*1必ず乗車駅で日付印を押してもらわないといけないという考えにとらわれてわざわざ駅で「この時間に改札に人はいるか」「押してもらえなかったらどうすればいいか」などと聴いたものだった。*2

当日は、王道の東海道線を外し、関西本線経由でJR難波から名古屋まで向かうことにした。というのも、昔大回りで柘植まで行ったことがあり、その延長がどうなっているか見たかったのだ。

名古屋で少し時間をとってリニア博物館に寄り道した。

f:id:bluepost69:20170721220019j:plain

f:id:bluepost69:20170721220037j:plain

交通科学博物館は幼いころから何度も行ったことがあったが、比較的新しい鉄道の博物館に行くことは初めてで、たくさんの車両が展示されているところに圧倒された。

その後東海道本線沿いに1日かけて東京まで行った。東京に着いてまず思ったのが、「線路って本当に続いているんだな」ということだ。出発する前は亀山や熱海のような境界駅で1回改札を出ないといけなかったり、線路が分断されてしまったりするのではないかと思っていた。しかし実際は必ずしもそうではなく、まさに「線路はどこまでも続いている」んだと思った。

*1:もちろん、寝台列車青春18きっぷでは乗ることはできず、別途乗車券が必要になる。もっとも、今寝台列車サンライズ瀬戸・出雲のみになってしまったが。

*2:実際はそこまでシビアにならなくても、車掌に押してもらったり、下車駅でもらえればよい。

入場券 京都鉄道博物館

f:id:bluepost69:20161028212754j:plain

この間津山まなびの鉄道館の話をしたので、少し前に行った京都鉄道博物館の話をしようと思う。

京都鉄道博物館は、大阪の弁天町にあった交通科学博物館を京都の梅小路蒸気機関庫に併合する形でできた、鉄道の博物館だ。交通科学博物館はもともとJR弁天町駅近くの大阪環状線の高架下を間借りしていたので、移転に伴ってかなり面積が大きくなったことになる。

そんな京都鉄道博物館の入館券だが、セブンイレブンで取れるほか、JR西日本の近畿エリアのみどりの窓口ではイベント券のひとつとして取り扱っている。当然クレジットカードも使用することができる。

みどりの窓口で入場券を購入すると、ミニクリアファイルと絆創膏のセットか、表紙に山陰本線ダイヤグラムをかたどったノートのどちらか一つ選んでもらえる。

この券自体は博物館の受付で入場券と引き換えられ回収されてしまった。

乗車券 馬喰町→東京 「磁気無効化された乗車券」

f:id:bluepost69:20170516222145j:plain

きっぷの持ち帰りをお願いすると、基本的に磁気情報を破壊するために穴をあけられる。サービスなので仕方ないが、二穴パンチで大きい穴をあけられたり、それが券面記載事項と被ってしまったりするとがっかりする。

それを受けてか、JR東日本の一部の駅では磁気情報を無効化する機械が設置されている場合がある。乗車券を差し込むと磁気情報が無効化され、小さな穴が開くようになっている。収集鉄にはうれしいサービスだ。