青ポスの部屋

旅と技術とポエムのブログ

読書感想文「それをお金で買いますか」

読書の秋ということで、前から気になっていたサンデルの本を読もうと思って、楽天ブックスで買いました。

bookmeter.com

感想

序章 市場と道徳

  • 「市場原理が投入されることで、他者が目的ではなく手段となってしまう。」というのが一番の主張だと思う。
    • カント以来の道徳学の原則として、「他者を手段ではなく目的とせよ」という道徳法則がある。ある営みが市場に出された時点で、それは目的ではなく手段となってしまう。そのため道徳的原則に反するものになってしまいうる。

第1章 行列に割り込む

大小さまざまな論点がいろいろ混ざり込んでいて少し内容が厚すぎる気がする。

  • 前半と後半で少し論点が分裂しているように感じる。
  • 1つは「お金を払って行列をパスする」ことが認められうるか。言い換えると、お金と時間を取引することは認められるか。
  • もう1つは著者は明示的に分けていないが、コンサートのようにその時でしか体験できないことをお金で取引することの是非。
  • 市場が提示する価格は、その人がいかにそれを必要としているかだけではなくその人の支払能力にも依存するため、市場で機会を分配する方法は妥当でないことがある。
  • 具体例としてダフ屋行為が挙げられている。今で言う転売ヤーの問題にも通じる。「第三者が利益を得ることの是非」は章を分けるべきだと思う。

第2章 インセンティブ

現代の市場は「xxしたらお金がもらえる/料金があがる」というような「インセンティブをつける」という仕組みが、人の行動を決める重要な要素となっている。そのインセンティブに対する批判の章。

  • 保育所の「延滞」料金問題については聞いたことがあった。
  • 「料金」は単なる支払い義務だが、「罰金」は反省を促すもの。なので交通違反の罰金を支払い能力に比例するようにして、富豪からはスピード違反でも高額な罰金を取るというシステムが紹介されている。
  • インセンティブをつけることは、短期的に見ると人の行動を変容させるのに有効な手段たり得る。
  • しかしそれは外発的なものであるため、長期的に見れば「お金のためにやることだ」というような曲解をされたり、「お金さえ払えば良心の呵責なしにやってもいいんでしょ」というような免罪符になってしまうことがある。
  • 章末で、そもそも「インセンティブ」というものが研究対象とされた経緯が載っている。

第3章 いかにして市場は道徳を締め出すか

お金を払うと価値が失われてしまうものを列挙する章。

  • 贈り物をギフトカードや現金にすると、贈り物の「自己表現」としての特性が失われてしまう。
    • それもそうだが、贈り物は真剣にやるものもあれば儀礼的にやっているものもあり、全てに対して表現性を問われてもそれはそれでしんどいというところ。
  • ここで「公正」と「腐敗」の2つの観点が現れる。
    • 公正の観点:果たして本当にその取引は平等な条件下で自由に行われたものか。貧乏な人が売らざるを得なかったりしないか。
    • 腐敗の観点:それって道徳的にいいのか。何か重要な善が失われていないか。
  • 実際のところ、大学で多額の寄付をした人は入学基準がちょっとゆるいとか、隠蔽されている面もある。(「寄付金で合格させたじゃないんか」と言われたら「いや他の基準もよかったので」と言える)

第4章 生と死を扱う市場

主に生命保険の話。

  • 生命保険自体博打と紙一重(まあリスク商品だしね)。
  • そのため「生命保険」というものが一般的に認められるようになるには長い歴史があった。
  • ところが、最近は生命保険の転売とか、証券化とかめちゃくちゃやられている。
  • 生命保険自体、「特定の人が死ぬ」ことで受取人に利益が出てしまうため、死んでほしいというインセンティブになってしまう、という欠点を抱えている。
  • そこで難病患者や高齢者から死ぬ前に保険を買い取ってお金を払う会社が出てきた。
    • でも実は「長生きされる」というリスクが想定以上に大きく、結局潰れたりもした。
    • 特に難病患者相手のものだと、特効薬が開発されてみんな長生きするようになって破綻するケースも。
    • ところが、今やその保険にとっての「リスク」を分散するためにファンド化した「death bond(死亡債)」なるものも登場したとか。もうめちゃくちゃや。
      • ちなみに日本国内では生命保険の転売は禁止する判例があるので証券化されることは多分ありません。

第5章 命名権

いまや市民権を得てしまった命名権ネーミングライツ)、そして様々な領域へ進出する広告の話がメイン。

  • MLBでも球場の名前がコロコロ変わってけしからんという話から始まる。
  • 公共のシンボルが命名権契約によって変容してしまう。

  • もう一つの重大な論点:スカイボックス。かつてはVIP席などなくお金持ちも貧乏人も同じところで試合を見ていたのに、今はお金持ちは区画分けされたスカイボックス席から観戦する。

    • つまり社会が発展すると貧乏人とお金持ちが分断された場所で生活を営むことになり、それは民主主義の前提条件である「万人に共通の善を共有していること」を阻害してしまう。
    • でも論点ずれてません?

全体を通して

文体的には読みやすいと思う。

ちょっと用語の使い方が極端だと思う。

  • 道徳的に価値が失われるものをまるっと全部ひっくるめて「腐敗」って言ったり
  • 「賄賂」の使い方もそう。
  • で結局何が「腐敗」なのかは、最後まで明示的に示されることはない。
  • そうなると「それって結局気分の問題じゃないですか?」と思ってしまう。

出されている事例はアメリカのものが多いが、やっぱりアメリカぱねえなという感じ。

  • そりゃこんだけ何でもかんでも証券化して転売しようとしたり、どこでもかしこでも広告出してりゃこんな本も書きたくなるわ。
  • 日本はまだ市場に対する嫌悪感があるのでここまでひどくないが、資本主義社会にいる以上対岸の火事というわけでもない。

現れている問題は、資本主義が発展して物質的には満ち足りてしまったがゆえのものだと感じる。

  • かつては産業(=資本主義)を成長させればさせるほど、生活は豊かになり、また人の行動可能領域も広くなっていった。
  • しかし現代では社会が飽和してしまい、単純には成長を見込めなくなった。
  • それでも産業を成長させようと思うと、「これまで手つかずであったものを証券化して売る」であるとか、「至るところを広告として売買する」というようなよくわからんことをしないといけなくなった。

最後に疑問:どうして市場だけが腐敗を引き起こすのだろうか。

  • 行列(=時間)との対比で、どうしてサービスを受けるために時間を消費することは腐敗を引き起こさず、お金を消費することは腐敗を引き起こすのだろうか。
    • 「タイムイズマネー」の精神だと等価なのにね。
    • 公正さの観点を阻害するというのはあるが、それなら「このコンサートの料金は所得の1%です」とかにすると解決しないのか。
    • いっそのこと100%ランダムにしたらいかんのか。

まとめ

「市場を受け入れる」ということはよく考えてやらないといけないなと思いました。

今やいろんなものが民営化されて、そして問題が現れて、市場化の事例は枚挙に暇がないですが、市場化されることで失われるものをよく考えないといけないなと思います。

反面、この本は反市場主義によりすぎているので、そのあたりは気をつけながら読まないといけないとも思います。我々は資本主義社会に生きている以上、市場というものとうまく付き合っていかないといけません。

大昔のi3マシンにUbuntu 20.04 LTSをインストールしてみた

眠っていた5年落ちのi3マシンにUbuntuを入れてみたら、結構いい感じに使えたので、インストールの体験談です。

大昔のi3マシン

多分これ。Windows初期化したので型番がわからなくなってしまいました。

kakaku.com

学部3年生くらいのときに買って、修士の研究まで使ってました。京都市内から宇治、実家と渡ってきたPCです。

就職してからは流石に動作が重く、特に起動して10〜30分経って安定するまで重すぎて使い物にならなかったので、一昨年くらいにメインマシンとしては退役となりました。その後は結局「中のファイル欲しくなるかもしれないしなあ」と触らずにずっと放置してました。

先日、祖母が「コロナでやることがなくて退屈だ」と言っていたので、「古いPCがもしいい感じに使えたら、この機会に覚えてもらおうかな」と思いました。

Windowsのブートループ

そこでまずはファイルを退避しているのを確認してWindows10のリセットをかけました。リセットする前のビルドバージョンは見てません。が、新しくなる前の壁紙だったので、1809かそれくらいだったと思います。

Windows10の初期化は「設定」画面から行いました。設定からリセットができるとは便利になったなと思いました。ところが...。

f:id:bluepost69:20211001232230j:plain

言語を選択する画面のあとに「PCはなぜ再起動したのですか?」という画面が表示されます。「下にその理由が書いてあるのかな」と思ったらそういうわけでもありません。「更新プログラムを入れたら治るかも」みたいなことしか書いてません。

「次へ」ボタンを押すと「お待ちください」でまたクルクル待ち状態になるのですが、10分程度すると再起動します。立ち上がると言語選択画面、そしてあの「PCはなぜ再起動したのですか?」画面が現れるのです。なんという煽りでしょう。こっちが聞きたいわ!!!まるで「私がどうして怒ってるかわかる!?」という厄介な人みたいです。

まあ、もともと「最新のWindows10で使い物になるわけはないだろう」と思ってはいましたが、まさかリセットもできないとは思いませんでした。

Ubuntu 20.04

Windowsという選択肢は捨てていたしここまで来たらファイルも全部消えてしまっているので、Ubuntu 20.04をインストールすることにしました。Linuxのインストールは慣れっこです。

OSをインストールする手順は下記のとおりです。

  1. ブートメディアを作る。
    OSのisoファイル*1をDVDやUSBメモリに書き出す。
  2. PCにメディアを挿入して電源を投入し、BIOSを起動する*2
  3. 起動時の読み込み元を作ったメディアに指定する
  4. 画面に従ってインストールする

まず、Ubuntuの日本語版をダウンロードします。安定のjaistからダウンロードしました。

www.ubuntulinux.jp

次に、ダウンロードしたファイルをメディアに焼きます*3LinuxだとCLIから書き込めるのですがWindowsでは専用ソフトを使う必要があります。自分はRaspberry PiのOSイメージを焼いたときのetcherで16GBのmicroSDに焼きました。

www.balena.io

OSを焼いたmicroSDをUSBリーダライタ経由でPCにつないで、BIOSを起動するためのキーを押しながら電源を投入します。dellの場合はF12を連打しながら電源を投入するとBIOSメニューが表示され、ブートするメディアを選択できます。

Ubuntuのインストールを実行すると、ブートループせずにウィザードの通りインストールすることができました。

f:id:bluepost69:20211001232255j:plain

使ってみた感じ

思ったより軽快でびっくりしていますUbuntuLinuxとはいえさすがに5年落ち・i3・HDDのマシンでまともに動かないのではと思っていました。HDDがボトルネックなので起動やOS起動後の各ソフトの初回起動は若干時間がかかりますが、ネットサーフィンやVSCodeでのプログラミング、Pythonコードの実行など大体のことは普通にできていて、新しい安価帯のマシンが手に入った気分です。

さらに当たり前ですがbashが使えるのがよいです。Windowsでプログラミングをするというのがいかに縛りプレイかがよくわかります。

ただし、アイドルマスターシャイニーカラーズだけは重すぎて使えませんでしたfirefoxでログインして無料10連ガチャを引いたのですが、2人目以降どうやってもアニメーションが進みませんでした。おそらくライブは無理でしょう。

また、個人的にAndroidLinuxで銀行や証券のログインはしたくないなあと思っているので、そういうことは母艦かiPod Touchでやります。

あと、SpotifyLinuxアプリは英語にしか対応してません。日本語のタイトルの曲やアーティストも表示はされますが、それ以外のUIは英語で表示されます。

でもこれでわざわざ母艦を持ち出さなくてもPCでやることはほぼ全部できるようになったのでよかったです。祖母にあげようかと思ってましたが自分のサブマシンにすることにしました。このブログも文書はUbuntuマシンで書きました。

*1:CDやDVDの盤面の情報をそのままバイナリに書き出したような形式のファイル。

*2:最近はUEFIのマシンも増えてきていますが情弱なのでよくわかりません...。

*3:IT系の人ならわかると思いますが、「isoファイルをエクスプローラでドラッグドロップ」とかだとうまくいかないです。

ポイントとペイメントまとめ(2021年6月調べ)

最近外出自粛してて本当に書くことがないので、財テク的なことを書こうと思います。


楽天

楽天ポイント

還元率

ペイメント

ともに1pt/200円(0.5%)。ただし楽天ペイは楽天銀行楽天カードでなければ実質的にポイントがつかない

証券

楽天証券

  • 手数料(40pt/4000円)
  • 投信保有残高:月10万保有ごとに4pt

注意事項

  • ノーロードファンドにはポイントがつかない
  • 期間限定ptは使えない。

携帯

楽天モバイル

カード

楽天カード

特記事項

  • アプリでログインボーナスあり(2pt/日と2pt/週、期間限定(2か月))。

まとまった額貯めるには楽天商圏にどっぷりつからないといけないという印象があります。


dポイント

還元率

ペイメント

d払い:1pt/200円(店頭払い)、1pt/100円(ネット払い)

証券

日興フロッギー(SMBC日興証券

  • ポイントでミニ株が買える
  • ログボ(フロッギーの記事を見ると1日1回3pt)

注意事項

  • ポイント使用はキンカブのみ。
  • つまり、ポイントで投資信託は買えない。ETFは買える。
  • 株式も一般の注文では使えない。キンカブ(金額を指定して買う)のみ。

特記事項

フロッギーの記事を読むと1日3pt貯まります。それ以外にログボはくじが複数ありますが当たりやすいやつと当たらないやつがあります。

キンカブに使えるというのが強いです。投信には使えませんが、個別株やREITのようなハイリスクな商品を小さな価格から買えて、かつポイントを使えるのは大きいです。しかも期間限定ポイントも使えます。


Pontaポイント

au

還元率

1pt/200円(0.5%):ローソン、ライフ、すき家、ゲオ

リクルート系のサービスでも貯まります。

ペイメント

au PAY

証券

auカブコム証券

  • 投信保有で0.05~0.24%(ノーロードファンドは対象外
  • 投信が買える

携帯

au:10pt/1000円

特記事項

au回線の付与率が印象的です。昔はau独自のポイントが付与されていましたが共通ポイントとして導入されました。au商圏のポイントシステムになりそうです。

ただしそれ以外の店の多さや還元率は楽天、dポイントと比べて少し見劣りしてしまいます。昔はローソンと言えばPontaという状態でしたがdポイントも使えるようになりました。そもそもローソンをあまり使わないので、個人的にはあまり使わなくなると思います。


Tポイント

還元率

1pt/200円(0.5%)

yahooのサービスでも貯まります。

ペイメント

Tマネー:1pt/500円(0.2%)

還元率が異様に悪い上に店が限られるので落ち目。多分ファミペイのほうが使いやすい。

証券

SBI証券

  • 手数料のポイント還元(1.1%)
  • 投信の保有残高に対して0.1%(ノーロードファンドは0.05%以下

携帯

softbank:5pt/1000円

特記事項

昔はファミマと言えばTポイントで、ファミマTカード会員割引というのがありましたが、今はファミペイ会員割引になってしまいファミマでのTカードのメリットは少なくなってしまいました。

一応カードを持っていますがほとんど使ってません。たまについたポイントはyahoo寄付で寄付してます。


個人的な方針

個人的にはこれからメインは楽天かdポイントにしようかなと思っています。この2つはログボがあるのが最大のメリットです。

  • 楽天は500pt貯めてニコニコポイントにする予定です。
  • dポイントは100pt貯めて投資に回します。
  • au回線があるので自動的にPontaにもポイントが貯まりますが、これは検討中です。