青ポスの部屋

旅と技術とポエムのブログ

博士課程に進学して1か月が経ちました

大学院の博士課程に進学して1か月が経ちました。

やったこと

コード整備

とにかくコードを整備しました。

ちょうどスパコンシステムの更新で移植作業が必要だったので、その作業を機に修士課程のころから思っていたよくないところを直していきました。

学生のうちはおかしいところに気づいても「でも自分がまちがっている可能性もあるし、触らないでおこう」という感じで、自信のなさからスルーすることも多くありました。

今では自分の実務経験からおかしいところは自信をもって答えることができるし、直すこともできます。もっといえば「ここを直すとこのようなデメリットもあるから、あえて直さないでおこう」というような判断を下すこともできます。

Gitの導入

最大のよくないところは「適切なバージョン管理がなされていないところ」でした。なのでGitを導入しました。

修士のときに手元のコードでgit initしたことはありますが、実践的な知識はなかったので当時は定着しませんでした。今はgit-flowなどのブランチのお作法までわかっているので、教える立場になっています。ブランチの規則はgit-flowよりのオリジナルなフローにしています。

GitLabの導入

最近導入しました。

期待しているのはGitリポジトリホスティングよりはissueトラッカー機能です。なのでbacklogやJIRAなどとも比較していて、今は試用期間としてコードを置かずにissueトラッキングのみを行っています。

GitHubも検討したのですが、下記のような点で不都合を感じるのでGitLabからスタートすることにしています。

  • GitHubアカウント(無料)は規約上は複数持つことができない。
    自分は私用アカウントをTwitterなどと紐づけているのでアカバレの覚悟を決めなければ利用できませんでした。自分は別として、今後来るであろう学生さんが私用のGitHubアカウントを持っていない保障などありません。
  • GitHub Organizationはprivateにすることができない。
    プロジェクトはprivateにすることができますが、Organizationはできず、「xxという名前のOrganizationが存在すること」はどうやっても公開されてしまいます。
  • 何らかのアクシデントでpublicになってしまったときの被害が大きい
    GitHubはデフォルトがpublicなので、何かの手違いでコードがアップロードされてしまうと直ちにインターネットに公開されてしまいます。またGitHubの方がメジャーなので「公開されてしまったときにたまたま見られてしまう可能性」も相対的に高いです(おそらく違いは微々たるものでしょうが)。

このような不都合があるので、それを回避するためにGitLabやBitBucketを使うというのも合理的な選択肢だと思います。さらにGitLabはオンプレ版もあるので「やっぱりインターネット上に公開したくない」とか「予算が取れなかった」という場合に移行することも一応は可能です。

感想

通学は慣れればきつくない

大学までは電車で行ったりバイクで行ったりしています。会社より大学の方が遠いので必然的に通学時間は長くなりました。とはいえ研究室に行くのは週2,3回で、SlackやZoomで補完しながら研究しているのでそんなに負担ではありません。

学生さんとの付き合い

自分は出戻りなので、学生さんは全員自分より当然年下です。それに企業のやり方を持ち込むので反感を持たれてしまうかもしれないと思っていました。ですがそれは杞憂で、今はだいぶ打ち解けられたかなと思います。研究室で学生さんと話していると、一人で家で仕事しているよりもいろいろな刺激をもらえます。

大学の事務作業多すぎ

よく「大学の教員は事務手続きが多すぎて研究の時間を圧迫している」という言説が流れますが、事務手続きは博士の学生でも結構忙しいです。

学生なので予算はそんなにシビアではありませんが、収入が社会人に比べると激減するので、潤沢な資産を取り崩すとかでなければ生活を保つために多かれ少なかれ金策に走ることになります。

そこで大学の奨学金や授業料免除等に頼ることになりますが、この手続きがやたらめったらややこしいのです。せめて一般的な会計に従ったルールであればいいのですが、ほとんどの制度がまったくばらばらの会計基準に従っていて確定申告みたいな決まったルールがないのです。例えば

  • 医療費控除のようなものがあるが、総額で審査する所得税の医療費控除と異なり、1件で10万円を超えた場合のみ対象となる(授業料免除)
  • 「給与」「親からの援助」「貯金の取り崩し」を収入として審査する(奨学金

等です。それぞれの制度でそれぞれの会計規則を把握しにいかないといけないので非常に大変です。これらの手続きでおそらく1週間くらいは時間がつぶれました。今後はマイナンバー等で統一的に管理されるようになりそうな情勢なので、経済状況は確定申告のデータと連携するなど簡略化してほしいです。

まとめ

物理の研究室に入ったはずなのにあまり進んでなくてちょっと焦りは感じています。方針は決まったのでやるだけなんですが、なにせシミュレーションコードのバグが質的、量的にも多く、毎日落としどころを探っています。

しかし研究室の人間関係がよいのでまだなんとかやれています。特に何か作業するたびに「ありがとう」とリスペクトをもらえるので心理面の安定につながっていると思います。これは仕事でも研究でもチームビルディングで重要ですね。

おまけ

1か月猛ダッシュしてきたつけが回ってきたからか、最近体の調子を崩すことが続き、同じ週に眼科と歯科に行くはめになってしまいました。これでは「目には目を、歯には歯を」という感じです。結局虫歯の親知らずを抜くことになってあまり笑い話じゃなくなってしまいました。

大学院博士課程に入学しました

無事大学院に入学できたので、定期報告もかねて書きます。

入学手続き

普通の事務手続きなので、普通にやりました。と言っても個人情報はおおよそ入試に出願した時点で提出しているので、誓詞(「不正行為をしません」みたいな当たり前のこと)に署名したり入学料を支払う意思がある*1という証明を書いたりというものでした。

学生証用の顔写真もここで改めて提出しますが、なぜか受験票とサイズが異なるものが必要で、そのまま使いまわせなかったので不便でした。たまたま家に光沢紙があったので受験票に貼ったやつを縮小コピーして貼りました。

入学料・授業料免除

大学には経済的に困窮した学生のために入学料や授業料を減免する制度があります。多くの博士学生は入学金や授業料免除を利用していることでしょう。自分は今年7月を最後に定収入がなくなるので経済的に厳しくなります。

ところが、大学の入学金や授業料免除の基準は下記の通りとなっています。

  • 入学料は修士から博士に間をあけずに入る人は不要
    →間が空いた自分は入学金がかかる
  • 入学料・授業料免除は親と同居している人は本人の年齢や年収にかかわらず親の年収が基準
    →親が稼ぎすぎてて大変厳しい

と、踏んだり蹴ったりで結局満額支払う羽目になりそうです。がっかり。

ちなみに日本学生支援機構の貸与奨学金は大学院の人は本人の年収が基準となります。これも落ちたらきつすぎますが、受かっても貸与なのでうーんという感じです*2。仕方がないし、逆に無利子 or 低金利の借金は使わない手がないので、開き直って使う予定です。

入学式

秋入学は少ないのでありません!なんか入った実感わきませんね。

配信があるそうですが、忘れなかったら見ます。→見ました。

youtu.be

まとめ

なんか入学エントリーのはずが辛気臭くなってしまいました。大人になるとお金にシビアになるので嫌ですね。

入学までに退職やらいろいろ大変なこともあったので、それを乗り越えてここまでこれたのはある程度感慨深いものがあります。新たなスタートラインにようやく立てたという喜びを胸に、これから心機一転頑張ります。

おまけ

お仕事をいただいたので研究室に再びコミットし始めて実質2か月くらい経つのですが、企業で得た技術をもとに研究室のDXを推進してます。超DXしてます。なんなら会社にいたときよりDXしてます。このあたりの知見はおいおいまとめます。

*1:入学料を払った証明を貼るか入学料免除の審査に申しこむのどちらかという意味。

*2:学部には給付奨学金がありますが、大学院にはありません。

京都大学エネルギー科学研究科博士課程入学試験に合格しました

こんにちは、青ポス(@bluepost125)です。無事に博士課程入試に合格したので、体験談を書いておきます。

博士課程の入試の概要

博士課程の入試は「入試」とは言いますが、修士課程までの試験とは大きく異なります。受験者も少なく定員もあってないようなもの*1なので、ふるい落としというよりは面通しみたいな意味合いが強いです。

筆記試験も修士までと異なる研究室に行く場合は必要になることがありますが、自分の場合修士の研究室に出戻りなので免除でした。

とはいえ何もしなくていいわけではなく口頭試問が課されます。試験委員の先生方の前で自分の修士までの研究や博士での研究計画を30分くらい話す試験です。なので自分の場合はこれの対策が入試のすべてになります。

会社の在籍と社会人博士について

博士課程は入学時に原則企業などから籍を外す必要がありますが、企業に籍を置きながら進学する社会人課程も多くの大学院で用意されています。

自分の受けた研究科の場合、下記のような決まりになっていました。

  1. 出願時点で企業等に在籍している場合は(入学時に退職しているかどうかにかかわらず)出願時に企業発行の受験承諾書(様式随意)を提出すること。
  2. 入学後も企業に籍を置く場合は社会人特別選抜として受験し、出願時に受験承諾書に加えて研究業績調書と推薦書を提出すること。

この1が結構曲者です。少なくとも建前上は出願日に企業に在籍していると受験承諾書が必要になります。退職する予定だと会社が受験承諾書を出してくれない場合があり、タチの悪い会社だと「引き留めのために直前になって承諾書を出さない」という可能性もあります。

労働法上は退職の意思を表示して14日が経過すると退職が成立することになります。そのため出願日の14日以上前までに受験承諾書を手配するか退職の意思を示すかを決める必要があります。口約束だと覆される可能性があるので必ず確保しましょう。

入試まで

試験の1ヶ月くらい、出願した1週間後くらいに書き始めました。数日に1回くらい進学先の先生に見てもらって手直しというペースでした。

自分の場合、修士公聴会の資料は残っていましたが、全然まとまっていなかったので大変でした。ほぼほぼまとめなおしという感じで、当時の資料を引っ張ってきたり思い出したりしながらなんとかまとめました。修士時代はプレゼンをまとめるスキルがなさ過ぎたので、できの悪い部下の資料をイチから手直ししてる気分でした。

博士の研究計画に関しては当然イチからやりたいことをまとめていくことになります。こっちのほうがまだ気分的には楽でした。その代わり、内容の目玉は機械学習だったのですが研究室にとっては未知の領域だったので、あまり教員の添削を得られませんでした。そのためすこし準備不足だったかなと思います。

学会発表みたいなことは久しぶりだったので5回くらいは一人で読み上げて練習しました。このおかげでかなりちゃんとしゃべれるようになったと思います。練習は大事ですね。

入試当日

研究室は宇治キャンパスなのですが、試験は吉田キャンパスで受けました。宇治はよく遊びに行きますが吉田に来るのはかなり久しぶりです。

人前で話すのはどちらかというと苦手なほうですが、修士公聴会のときよりは緊張しなかったと思います。練習の効果もあり、すらすら話せました。

ただし機械学習を入れたいというところはかなり突っ込まれました。さすがに「そんなようわからんもん入れんな」みたいな保守的なことではないのですが、「何を説明変数・出力変数にするのか」など初歩的なところも突っ込まれました。当然意図は理解できるのですが考えを固める準備が不足していたと感じます。

指導教員の先生からは当日中に「資料の完成度が高かった」などお褒めのコメントをいただきました。一応試験なのでほかの受験生の発表は見れないのですが、もっとふわふわした発表をする学生もいるらしいのでひと安心しました。

結果

発表日にネットで見ました。普通に仕事中(研究室のアルバイト)だったので休憩時間に見ました。京都大学の試験を受けて合格発表を見るのも3回目なので特に何もなかったです。

感想

プレゼン作りに社会人の経験は非常に役に立ちました。受験前までは「企業のプレゼンスキルとアカデミアのプレゼンスキルは別物だ」と思っていました。しかし実際は根元は同じで、聴衆の背景知識や読解力に合わせて微調整するというだけの話なのです。就職してから聴衆の違いを意識しましたが、今回の受験でどうちがうのかが明確になりました。

機械学習のような新しいことを持ち込む場合、相応の突っ込みをされても答えられるくらいに固めておく必要があります。今回はなーなーで行ってしまったので立ち往生することになってしまいました。具体的に「こういう作業をします」くらいに固める必要があります。

最後に

無事大学院生になれることが内定しました。金欠なのはあいかわらずですが頑張りたいと思います。

おまけ

受験した日に受験生が参拝すると試験に落ちると言われる吉田神社に参拝してきました。合格したのでジンクス破ったと思ってます。というか修士のときも参拝したような気がします。

おみくじを引いたら末吉で「理解ある目上の人が現れて引き上げてくれる」みたいなことが書いてありました。その通りになったらいいなあ。

*1:「若干名」とか書かれてたりします。