青ポスの部屋

主に旅行記、切符収集を書くブログ。毎週金曜日夜に更新する予定。

回数券 (奈)新田⇔六地蔵 「(西)POS端末発行の回数券」

f:id:bluepost69:20161202230523j:plain

f:id:bluepost69:20161202232025j:plain

f:id:bluepost69:20161202230549j:plain

前回に引き続いて、今度は西日本のPOS端末発行の回数券を見ていこう。

乗車券の場合はPOS端末とマルスで様式に大きなちがいが見られないが、回数券の場合は大きく異なっている。まず表紙について、レイアウトが大きく異なるほか、「本券(表紙)では乗車できません」という注意書きが太字になっている。

本券のほうも変わったものになっており、有効期限がことさら強調された形になっている。

前回書き忘れたが、回数券も普通のきっぷと同じく自動改札を通すことができる。自動改札を通すと、(西)と被って見にくいが、日付と時間が印字される。

---

回数券の持ち帰りだが、「回数券は有効期間が長く不正使用のリスクがあるので許可されない」という話がある。しかし実際のところ、西日本管内では持ち帰りを認めていることが多いようである。とはいえ、何度も言うが使用済みきっぷの持ち帰りはサービスであることをお忘れないよう。