青ポスの部屋

「旅」のブログ。毎週水曜日(バイク)金曜日(鉄道他)更新予定。

201608 本州半周旅行 その3 「北陸新幹線」

鳥取を始発で出て、山陰本線で福知山まで出た。福知山からは舞鶴線、小浜線で敦賀に渡り、北陸線で金沢まで行った。小浜線については北陸新幹線延伸で第三セクターになるとも言われているが、ルートも決まっていないのでどうなるかさっぱり見通しがつかない…

201608 本州半周旅行 その2 「蒸気機関車」

2日目は小倉から新山口まで戻った。そして新山口からSLやまぐちに乗車した。 SLは子供の頃に北びわこ号に乗車したっきりだった。あの時はまだ小さかったので米原までの快速列車でもとても長く感じたが、今では京都から下関でも近く感じるので感性も年齢とと…

201608 本州半周旅行 その1 「長距離普通列車」

今年の18きっぷ夏シーズンが始まった。とりあえず乗りにいきたい列車はないかなあと考えたら、時刻表に「SL特集」が載っていたので、なんとなくSLやまぐちに乗りに行くことにした。それと、新潟地区で走っている「きらきらうえつ」という列車があり、これに…

乗車券 東福寺→京都 (交)京都伏見 発行

伏見桃山駅(京阪本線)の近くは古きよき雰囲気を保つアーケード商店街が残っており、その商店街の中にJTBがあり、JR券を扱っている。 なお近くには桃山御陵前駅(近鉄京都線)、桃山(JR奈良線)がある。特に桃山駅はPOS端末駅でMARSがないので、指定席を取…

土佐くろしお鉄道 入場券 窪川駅

スルッとKANSAIエリアの私鉄では硬券入場券はほぼ全廃されているが*1、自動改札の導入されていない地方ではまだまだ現役である。 土佐くろしお鉄道では、硬券入場券がそのまま残っているどころか、デザイン硬券としてその魅力を積極的に生かしているようだ。…

入場券 筒石駅

先日マルス発行の乗車券を紹介したが、POS端末が置かれている駅ではPOS端末で発券される。 JR西日本の入場券では、乗車券同様POS端末ということを示す西というマークが入る。また駅名がマルス券のものよりふた回りくらい大きく、収集する上ではわかりやすく…

近鉄週末フリーパス

JR以外の私鉄各社も、自社線全線乗り放題のフリーきっぷを出していることが多い。近鉄も週末限定のフリーきっぷを出している。 近鉄は日本の私鉄で一番大きい、広大な路線網を持つので、全線フリーの乗車券も有効期間が3日間となっている。それでもたった410…

乗車券 京都→黄檗 (大)京大CSC発行

前回の阪大に引き続き、今度は京都大学生協で発行したきっぷを紹介しよう。 京都大学は吉田、桂、宇治にキャンパスを持っているが、ほとんどの学生は吉田キャンパスで授業を受け、桂は工学部と工学研究科の施設が、宇治は大規模な研究施設が設置されている。…

乗車券 茨木→京都 (大)阪大SV店F発行

ほとんどの大学には、学生や教員が構成する大学生協があり、大学の構成員の出資を元に学内の食堂や購買部を運営している。ある程度大きな大学になると旅行センターも持っており、そこにマルスの旅端があることも多い。 大阪大学は豊中、吹田、箕面にキャンパ…

青春18きっぷ常備券について思ったこと

先日7月1日、2016年夏季の青春18きっぷが発売された。僕は今年は常備券を買おうか、あるいはハンコをたくさんもらう予定もなかったので熱転写券か迷っていたが、とりあえず常備券にしようかなあと思っていた。 しかし、今年の夏は状況がちがっていた。発売開…

乗車票 こうのとり 「(契)旅行会社のセットプランの乗車票」

近年、旅行会社では「フリープラン」という旅行商品を出している。これはいわゆる「ホテル+JR」のようなセット商品で、普通のツアーと同じ旅行商品に含まれるが添乗員を伴わず、単にきっぷと宿泊をセットにして売っているかのような商品だ。 このとききっぷ…

201606 城崎温泉 その2

2日目は城崎マリンワールドへ行った。 城崎マリンワールドは城崎温泉駅からバスで10分ほどの距離にある。このバスが1時間に1本程度で少し不便だった。 天気はあいにくの雨だったが、前半は水族館部分で室内だったので気にならなかった。中は海遊館や須磨海浜…

201606 城崎温泉 その1

家族で1泊2日の旅行に城崎温泉に行った。 普通僕1人で行くときは城崎くらいなら鈍行で行くのだが、家族は乗り鉄ではないので、大阪駅からこうのとりを使った。近畿日本ツーリストの宿泊と往復JRがセットの安いフリープランがあったので、それを使うことにし…

急行券 はまなす 「はまなすカーペット」

2016年のダイヤ改正で、最後の定期夜行急行列車として親しまれてきた「はまなす」は惜しまれながらも引退した。ラッキーなことに、僕は廃止前に乗車することができた。 はまなすの座席は、B寝台、自由席、指定席、カーペットカーの4つに分類される。これまで…

近鉄 入場券 鶴橋駅

基本的にスルッとKANSAIエリアの私鉄では入場券は券売機で発売される。近鉄でも近距離券売機で入場券が購入できるが、ほぼ全駅で硬券の入場券も発売されている。 鶴橋駅でも特急券売場で「硬券の入場券をください」というとすぐ購入することができた。別に奥…

京阪電鉄 乗車券 京橋→390円 「ICカードでの乗車券購入(京阪)」

JR西、近鉄でICカードのチャージ分で紙の乗車券が買えることはこれまで記事にしたが、先日京阪でもICで乗車券が購入できるようになっていることが分かった。 京阪を使う用事があったので、「ICOCAで買えたりしないかなあ」と思いつつ券売機にICOCAを入れてみ…

京都市交通局 六地蔵→320円区間

京都市交通局は東西線、烏丸線の2つの地下鉄路線を運営している。京都は道路事情が厳しい反面、大量の埋蔵文化財を抱えており地下鉄を建設するのが難しいという事情を抱えている。 きっぷの地紋はスルッとKANSAI柄で大阪市交と同じ黄緑色となっている。神戸…

乗車整理券 ホームライナー沼津6号 「IC購入した整理券」

静岡地区のホームライナーについては、以前ホームライナー静岡の乗車整理券を紹介した。今回久しぶりにホームライナー沼津を使ってみた。 前回は改札外の近距離券売機で購入したが、今回はホーム上の乗車整理券用の券売機で購入した。以前と違ってICカードで…

えちごトキめき鉄道 乗車券 直江津→谷浜

以前北陸おでかけパスの記事を書いたが、今回はそのときに併用した直江津谷浜の乗車券になる。 近距離券売機で購入したのだが、額面ではなく発駅着駅表示となっている。 有人改札で頼むと改札印を押してもらえた。改札印は丸いことが多いのだが、マスコット…

北陸おでかけパス

北陸地区では、北陸おでかけパスという周遊きっぷが発売されている。これは休日限定ではあるが2500円という18きっぷ1回分くらいの値段で北陸地区の路線が乗り放題というきっぷだ。 北陸本線は北陸新幹線の開業とともに経営分離され、このとき北陸おでかけパ…

新幹線自由席特急券 仙台→一ノ関 「ICカードでの新幹線利用」

在来線で相互利用が始まり、利用可能エリアが拡大し続けているSuica,ICOCAなどのICカードだが、新幹線ではモバイルSuicaやEX-ICなど特殊なものを除いて、基本的に使うことができない。そのため紙の乗車券を購入することになる。 以前JR西日本、近鉄の近距離…

201603東海旅行 その3 「名松線、新垂井」

亀山から始発で松阪へ向かい、名松線の始発に乗り継いだ。 初日とちがって、立ち客が出ない程度に車内は空いていた。乗客はほとんどが同業者のようだった。朝イチの伊勢奥津行きなので仕方ないといえばそれまでだが、おそらく松阪行は通学需要があるだろう。…

201603東海旅行 その2 「飯田線」

八王子に宿を打った後、気が変わって結局東海道線に戻り、ジグザグに御殿場線、身延線、飯田線と乗ることにした。 相模線で茅ヶ崎に出て国府津へ向かった。東神奈川が始点の横浜線もそうだが、この周辺は八王子や横浜などの大きな駅まで数駅というところで運…

201603東海旅行 その1 「一番列車」

この間の北海道旅行で18きっぷを4回分も余らせてしまった。適当に消化しようくらいに思っていた。どうしようかなあと思っていたら、JR東海の未乗区間があと少しになっていることに気付いた。さらに今回のダイヤ改正で、JR東海管内でただ一つ運行休止となって…

北海道&東日本パス

旅行記でも述べたように、前回の北海道旅行のメインとなったきっぷが「北海道&東日本パス」だ。 このきっぷは18きっぷの兄弟分といわれるきっぷで、大体18きっぷの発売期間内とそれよりちょっと長めくらいの時期に発売されている。18きっぷはJR全線だが北東…

201603北海道旅行 その7 「新幹線以後の線路」

最終日は、有効期間が残っている北東パスでほくほく線を走破した後、初日に米原で受け取った北陸おでかけパスで1年ぶりに北陸を通って帰った。 ほくほく線は北陸新幹線開通以前は越後湯沢で上越新幹線に接続する特急はくたかが経由し、にぎわった路線である…

201603北海道旅行 その6 「長距離普通列車」

はまなすを降りると体中が痛かった。眠くて頭もまわらなかったし、何も考えないで奥羽本線に乗って大館、秋田へ、羽越本線で酒田まで出た。どういうわけか東北線→北海道→奥羽、羽越線という流れは定着している。 酒田からは新潟の新津まで1本でいける普通列…

201603北海道旅行 その5 「はまなすの3号車」

北海道で1日予定を決めずにいたのだが、疲れがたたってネットカフェで時間ギリギリまで寝てしまった。もともとは夕張へ行こうとちょっと考えていたのだが、夕張は1日で回れそうになかったので改めてくることにして、この日は小樽や余市方面へ行くことにした…

201603北海道旅行 その4 「最果ての地」

4日目、釧路から始発で根室に向かった。 去年も根室へ向かおうとしていたのだが、途中の茶内駅で列車が止まってしまい行くことができなかった。なので根室は今回の旅の最も重要な目的だった。 今回は天気もよく、なんとか茶内駅を越え、一安心した。根室本線…

201603北海道旅行 その3 「オホーツク海」

札幌からは、日中にオホーツク海を通るために思い切って特急オホーツクを利用した。 オホーツクは旭川から網走まで石北本線を通るのだが、この地域は道内でも人口がきわめて希薄な場所になる。先日記念購入した乗車券を見せた下白滝、旧白滝、上白滝もこの地…